新着エントリー

ファルコンステークス2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは中京競馬場で行われる芝1400m戦。

昨年こそG1馬グレナディアガーズが出走してきたが、基本的には毎年マイル前後で結果を出せなかった重賞組や1勝クラスの馬が参戦してくるレース。

ひと昔前は二桁人気馬がバンバン穴をあけるレースだったが、近年は後のG1馬ミスターメロディ・ラウダシオン、そして昨年のグレナディアガーズといった能力の高い馬が参戦している。

しかしながら今年のメンバーを見ると安心して見ていられるという馬はあまりいない。

馬券的には十分波乱がありそうなので楽しみですね。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると複勝率では先行馬だが、勝ち馬は差し・追い込みで7勝しています。

まず複勝率の高い先行馬から見ていくと対象馬は11頭いますが、その全頭に共通するのは…

 

① 当日10番ゲート以内

 

そして8頭に共通するのは…

 

② 前走阪神or東京コースで初角4角共に4番手以内

 

全体で見れば他の競馬場からも好走馬が出ているのですが、10番ゲート以内の先行馬という条件に限ると不思議ですが前走阪神と東京以外の馬は(0・0・1・15)です。

例外の1頭の前走は川崎競馬場です。

ゲートに関しては枠順確定後までわからないので、とりあえず②の条件に合致する馬は

 

ウインバグース
カジュフェイス
デュガ
トウシンマカオ
ナバロン
レディバランタイン

 

以上6頭です。

最終的にはこの中から当日10番ゲート以内に入った馬が推奨馬世なります。

あと偶然かもしれませんが圏内に入った11頭は全て関西馬です。

更に絞るなら関東馬のトウシンマカオとレディバランタインは消えます。

 

次いで勝ち数が多い差し・追い込み馬ですが、勝ち馬7頭中5頭に共通する点は

 

① 過去に重賞で上り3位以内の経験あり

 

またこの条件は圏内馬18頭中11頭に該当します。

この条件に該当する馬は

 

ヴィアドロローサ

 

以上1頭です。

意外にも上位人気馬で重賞で上り3位以内を出した馬はいない。

それは上位人気4頭が全て先行馬ということもあるのでしょう。

そう考えると今年は前に行きたい馬も揃っていますし、1着馬は下位人気の差し馬ということもあり得ると思います。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると10番ゲートまでは途切れることなく好走馬がでています。

外枠からも好走馬はいますが、安定しているのはやはり10番ゲートまででしょう。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると10番ゲート以降からは好走馬はいません。

穴馬に関しては決め打ちしてもよいくらいのはっきりした傾向です。

 

上記のデータを考慮し、全体傾向も加味して

 

1~10番ゲート有利

 

と判断します。

ただ勝ち馬に関しては15番ゲートまでなら好走しているので、上位人気の馬に限りあまり軽視しない方がよいかもしれません。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ノーザンダンサー系
・ダイワメジャー
・ノヴェリスト

又は

母父・母母父・母母母父に

・グレイソブリン系

です。

ノーザンダンサー系は過去5年中4年圏内、種牡馬単体で見るとダイワメジャーとノヴェリスト産駒が複数回圏内に来ています。

あとグレイソブリン内包馬も近2年は不振ですが、2017~2019年は母方にグレイソブリン持ちが好走しています。

 

今回の該当馬は

 

ショウナンハクラク
デュガ
ニシノスーベニア
ヴィアドロローサ

 

以上4頭です。

新種牡馬も続々増えてきたので今回は対象馬が少なかったです。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青・緑色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1400~1600m
② 前走G1で4角3番手以内
③ 前走OPクラス以上で2着以内 且つ 上り3位以内or4角1番手
④ 前走1勝クラスで1着 且つ 上り3位以内

 

この条件で過去10年中2012年を除く9年で好走馬が出ています。

想定4番人気以内馬で上記の条件①+②or③or④に該当する馬は

 

トウシンマカオ
プルパレイ

 

以上2頭です。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青・緑色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1600m以下
② 前走G1出走馬
③ 前走OP~G3で上り2位以内 or 4角2番手以内
④ 前走1勝クラスで1着 or 1番人気 且つ 上り5位以内

 

穴馬が来た年は過去10年中8年ありますが、この条件で2012年を除く7年で好走馬が出ています。

想定5番人気以下馬で上記の条件①+②or③or④に該当する馬は

 

ウインマーベル
ティーガーデン
ナムラリコリス
ニシノレバンテ
ベルウッドブラボー

 

以上5頭です。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は9,2%です。

 

・前走間隔中2週以内(0・0・0・17)複勝率0%
・前走11番人気以下(0・0・0・12)複勝率0%
・今回斤量減(0・0・0・9)複勝率0%
・前走馬体重440~
504キロ以外(0・0・0・23)複勝率0%
・前走新馬・未勝利(0・0・0・8)複勝率0%
・前走1400・1600m戦以外(0・0・1・40)複勝率0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

ウインバグース
カイハオン
ティーガーデン
デヴィルズマーブル
ナバロン
ナムラリコリス
ベルウッドブラボー
レディバランタイン

 

以上8頭です。

今回はこれと言ったデスデータが少なく突破馬が多かったですが、前走1400・1600m戦という項目は重視したいですね。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

いつもなら候補馬を2頭選んでいるが、2番手馬はまだ決めきれていないので今回はこの馬だけ。

上記のデスデータ突破馬が多くいるので選ぶならこの中から選びたい。

その中でも注目はスタートがイマイチ良くないのがネックではあるが、鞍上良し・勢い十分・姉にはソングラインがいて素質も高そうなこの馬。

前走も大幅馬体増ながら勝ち切り、まだまだ伸びしろがありそうです。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。