新着エントリー

札幌記念2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 6歳以下
② 前走距離芝1600~2500mの国内出走馬
③ 前走クラスG3以上
④ 前走9着以内 且つ 8番人気以内
⑤ 前走敗戦馬の着差0,9秒以内
⑥ 前走初角or4角6番手以下
⑦ 前走馬体重466キロ以上
⑧ 13番ゲート以内

 

共通事項を挙げるとすればこんなところでしょう。

そして上記の条件から残った馬は僅か1頭となってしまいました。

しかもこの馬は週中穴馬筆頭候補でもあった馬…どうしよう…狙い過ぎかも(-_-;)

迷いましたが、思い切って今回はこの?????を軸馬兼推奨穴馬とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としていますが、今回は4400円とします。

(3連単)
?????
2枠3番パンサラッサ
3枠6番グローリーヴェイズ
2枠4番ジャックドール
5枠10番ソダシ
7枠14番ユーバーレーベン

〇→◉⇔〇▲ 各200円×16点=3200円
▲→◉⇔〇 各100円×12点=1200円

(計4400円)

 

対抗・単穴は素直に上位人気5頭を選びました。

穴馬兼軸馬は2・3着付け。

このレースが別定戦のG2に格上げされて以降の札幌開催の札幌記念は過去24回あります。

その内20回は5番人気以内馬が1着となっており、過去10年では9回5番人気以内馬が1着。

これを参考にして穴馬兼軸馬は2・3着付けにして、その分他に金額を上乗せしました。

 

今回の対抗・単穴を決めた理由は消去法的な感じになります。

 

まずソダシですが、ベスト距離は明らかにマイルでしょう。

昨年はこのレースを制したが、その時は斤量52キロで今回は55キロ。

この点で評価を下げた。

 

ジャックドールは控えても競馬は出来るようだが、ベストパフォーマンスはやはり単騎逃げ。

そうなると今回はパンサラッサがいる以上どう考えても自分の理想形ではないはず。

この点で評価を下げた。

 

ユーバーレーベンはこの中だと単純に能力がやや足りないかなという理由で評価を下げた。

 

よって残った2頭を対抗馬とした。

パンサラッサは単騎逃げ濃厚で今回はベスト距離と言える1800~2000mに戻る。

枠順も良いところを引きましたね。

 

次いでグローリーヴェイズは展開的には上位人気馬の中では一番向きそう。

パンサラッサ・ジャックドール・ユニコーンライオン・ウインマリリンといった逃げ・先行勢が多く揃った。

位置取り的には枠順も考慮すると、この逃げ先行勢の直後で構えていられそう。

 


最後に今回選んだ軸馬兼推奨穴馬(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(E) ?????

芝に転向して能力開花。

G1では微妙だが、叩き台のG1馬達相手ならまだ完全に底を見せていないだけに魅力があります。

週中筆頭穴馬候補であり、1着馬全馬共通事項で残った馬もこの馬だけということで今回はこの馬と心中します。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。