新潟2歳ステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は新潟2歳ステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは新潟競馬場で行われる芝1600m戦。

データ寄りの自分にとっては判断材料が少ない2歳戦は難しい。

今年も少ない判断材料から穴馬を見つけていきたいと思います。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

目につくのは何と言っても上り1・2位の成績。

これさえ見つければ的中はほぼ確実ですが、それが難しい。

2戦目でコロッと脚質等が変わってしまう馬も多くいるので、前走はあまり当てにできない。

ただ言えるのはこのレースで前走上り3位以下の馬の成績が極めて悪いこと。

1番人気想定のシュヴァリエローズは前走上り3位でデータ的には危険な1頭です。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ダイワメジャー
・ディープインパクト

 

又は

 

・グレイソブリン内包馬

 

です。

注目はグレイソブリン内包馬。

毎年必ず1頭は圏内に来ているパターンです。

そしてディープインパクト産駒は実績が無いですが、過去5年で出走馬自体が1頭しかいなかった。

過去10年に遡れば複勝率60%です。

 

今回の該当馬は

 

シュヴァリエローズ
ジュラメント
ハヴァス
ファルヴォーレ
フラーズダルム
ロードマックス

 

以上6頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走距離1600m以上
② 前走上り2位以内
③ 当日馬体重440キロ以上

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ショックアクション
フラーズダルム
ブルーシンフォニー

 

以上3頭です。

馬体重は前走馬体重を参考にしています。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

前走は不良馬場だったが、逃げて上り最速をマーク。

相手が弱かったのもあるが、それでも付けたタイム差はコンマ4秒。

そして父はディープインパクト。

穴をあける可能性は十分あると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です