新潟記念2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は新潟記念2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは新潟競馬場で行われる芝2000戦。

毎年一筋縄ではいかないハンデ戦。

今年も1番人気想定は3歳馬のワーケアで決して堅くはなさそうな上位勢です。

大きいのを狙っていきたいと思います。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると目立つのは逃げ・先行馬の複勝率と上り1位の勝率です。

 

まず上り1位から見ていくと、圏内に入った馬は7頭います。

そしてその7頭中5頭に該当する条件を探しました。

 

前走距離2000m以上で近3走中1回以上上り1位経験 且つ 上り2位を一回以上経験

 

この条件に合致した馬はアクート・カデナ・ゴールドギア・サンレイポケットです。

特にカデナはG1でも上り最速を出しているので、この中では一番可能性が高そう。

 

次に逃げ・先行馬に関してですが、

 

前走距離2000m以上で9番ゲート以内 

 

この条件に合致する馬が圏内に入る逃げ・先行馬の条件です。

対象馬13頭中12頭が9番ゲート以内でした。

ポイントとしてこのレースは追い込み・差し一辺倒の馬も内枠に入ると先行することが多いということ。

だから内枠に入った先行馬だけでなく、陣営のコメントやこの騎手なら思い切って前に行きそうなんて馬も注意した方が良いかもしれません。

注目馬を挙げるとすれば単騎逃げが濃厚なウインガナドル。

仮に逃げなくても、この馬だけは絶対に前で競馬をするはず。

内枠に入ったら押さえておくべき1頭でしょう。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・サンデーサイレンス系

 

又は

 

・ロベルト内包馬

 

です。

 

サンデーサイレンス系の複勝率は出走頭数に対すると決して高くはないのですが、やはり独占率で見ると他を圧倒しています。

そしてロベルト内包馬も昨年こそ来ませんでしたが、2015~2018年で毎年1頭は好走馬が出ています。

 

今回は該当馬が多いので非該当馬を載せます。

今回の該当馬

 

アールスター
ゴールドギア
サンレイポケット
ピースワンパラディ
フリーフリッカー
ブラヴァス

 

以上6頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 斤量54キロ以上
③ 前走重賞組
④ 前走2着以内or3番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で7回。

そしてその7回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ジナンボー
ブラヴァス

 

以上2頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

2走前はハンデ戦でブラヴァスに先着。

今回はブラヴァスとの斤量差は前走より更に1キロ軽くなった。

このレースはとにかく前走距離2000m組が異常に強い。

その点でも買い材料。

想定オッズでは全く人気が無いようですが、狙えない馬ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です