小倉2歳ステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は小倉2歳ステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは小倉競馬場で行われる芝1200戦。

少頭数の一戦で個人的には即消しという馬も数頭います。

配当的にはあまり見込めない可能性もありますが、穴馬を探していきたいと思います。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると先行馬が勝率・複勝率で共にトップ。

今回はここに焦点をあてたいと思います。

圏内に入った馬は12頭いますが、そのうち11頭に該当する条件は

 

前走芝レースで3馬人気以内で1着
前走4角3番手以内で上り3位以内

 

この条件に合致する馬はメイケイエール・モントライゼ・ルクシオンです。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・キンシャサノキセキ
・ダイワメジャー
・ロードカナロア
・ナスルーラ系

 

又は

 

・ストームキャット内包馬

 

です。

上記の表からは判りませんが、ストームキャット内包馬は2017・2018で1着、2019年は3着と近年好走傾向にあります。

今回の該当馬は

 

カシノレオ
セレッソフレイム
フォドラ
フリード
モントライゼ
リサコーハク

 

以上6頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走新馬・OPクラスで1着 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

メイケイエール
ルクシオン

 

以上2頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

現時点で3戦3勝OP2連勝中のヨカヨカ相手に前走はコンマ2秒差の2着。

血統も過去5年で6頭出走して3頭が圏内、しかもその3頭が全て穴馬という父ナスルーラ系。

2戦連続上り1位という決め手も兼ね揃えている。

狙える要素は十分あると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です