新着エントリー

大阪杯2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは阪神競馬場で行われる芝2000m戦。

なんと言っても大注目は2強エフフォーリアとジャックドール。

そしてプラス1となるレイパパレ。

馬券の中心は2強+1の3頭でしょう。

この3頭で馬券が決まるようなら自分には出番無し。

常識的に考えると穴馬の席はせいぜい1頭。

そして多分その席も3着でしょう。

いかに馬券を絞って高回収を狙うか?

3連単で少点数勝負しかないでしょう。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下がG1昇格後の過去5年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ・先行・捲りの複勝率が極めて高く、圏内馬全体の三分の二を占めています。

圏内馬は全部で9頭いますが、その内7頭に共通する点は…

 

① 前走5着以内 且つ 3番人気以内
② 前走4角3番手以内

 

この条件に該当する馬は

 

ジャックドール

 

以上1頭です。

残る2強のエフフォーリアは前走4角5番手、レイパパレは4角4番手となっています。

*前走海外遠征馬は上り・4角位置不明なため前々走の国内戦を対象

 


枠順傾向データ 」

以下がG1昇格後の過去5年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると明らかに内有利ということは明白です。

8番ゲート以内で全体の7割以上を占めています。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見るとさらに内有利な傾向が顕著で、6番ゲート以降は圏内馬無しという極端な傾向です。

上記のデータを考慮して

 

1~8番ゲート有利

 

と判断します。

5番ゲート以内に入った穴馬に関しては特に注意が必要でしょう。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト

又は

母父or母母父に

・ナスルーラ系

です。

ディープインパクト産駒はもちろんですが、母方にナスルーラ系を持つ馬が好走傾向にあります。

昨年は母母父にナスルーラ系を持つレイパパレが好走しています。

今回の該当馬は

 

ウインマリリン
ヒシイグアス
ヒュミドール
ポタジェ
マカヒキ
レイパパレ
レッドジェネシス

 

以上7頭です。

3強の中では父ディープインパクト×母母父ナスルーラ系のレイパパレは血統的には注目です。

 


消去法データ 」

消去法はG1昇格後の過去5年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 5歳以下
② 前走2番人気以内 且つ 4角4番手以内

 

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ジャックドール
レイパパレ

 

以上2頭です。

最初はもっと緩い条件にしようと思ったが、それだと消せる馬がいませんでした。

よって各年の上位人気最先着馬を基準に消去事項を決めました。

脚質傾向でも触れましたが、やはり先行馬が有利な傾向にあります。

*前走海外遠征馬は上り・4角位置不明なため前々走の国内戦を対象

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 6歳以下
② 前走G2以上で5番人気以内 且つ 上り2位以内 or 4角3番手以内 

 

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ウインマリリン
キングオブコージ
ジェラルディーナ
ポタジェ

 

以上5頭です。

ジェラルディーナは除外対象馬となっています。

あとヒシイグアスですが、前走の香港の競馬をみましたが、前走4角4番手?3番手?か微妙で分かりにくい。

上がりも載ってないので入れていません。

*前走海外遠征馬は上り・4角位置不明なため前々走の国内戦を対象

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象はG1昇格後の過去5年で5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は8,2%です。

 

・関東馬(0・0・0・12)複勝率0%
・7歳以上(0・0・0・8)複勝率0%
・前走間隔中8週以上(0・0・0・12)複勝率0%
・前走9着以下(0・0・0・6)複勝率0%
・前走敗戦馬の着差1,0秒以上(0・0・0・7)複勝率0%
・前走6番人気以下(0・0・0・15)複勝率0%
・前走馬体重481キロ以下(0・0・0・20)複勝率0%
・前走G3以下(0・0・0・9)複勝率0%
・前走距離2400m以上(0・0・0・6)複勝率0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

アドマイヤハダル

 

以上1頭です。

ただこの馬は現時点で除外対象なので、9項目中1項目だけ突破できなかった準突破馬を載せておきます。

アリーヴォ(前走G3以下に該当)
キングオブコージ(前走間隔中8週以上に該当)
ジェラルディーナ(前走馬体重481キロ以下に該当)除外対象馬
ポタジェ(前走馬体重481キロ以下に該当)

あとアカイイトは4番人気想定なので対象に入れませんでしたが、3強以外を穴馬として考えるなら出走確実な馬の中では唯一のデスデータ突破馬となります。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

除外対象馬と自分の中では出走するようであれば4番人気は間違いないであろうヒシイグアス以外を取り上げる

 

(A) ?????

脚質傾向でも言ったが基本的には前有利なレース。

ただG1昇格後穴馬は4頭馬券に絡んでいるが、その内3頭は前走後方から競馬をしていた馬で決め手がある馬だった。

前目で残った穴馬は皐月賞馬アルアインだけ。

その3頭の共通点を見ると前走もそうだが、前々走もに上り2位以内とマグレではない安定した末脚を披露している。

そういう意味で取り上げたいのがこの馬。

近8走中上り2位以内が計7回という安定した脚を持つ。

格的にやや見劣りがするのは否めないが鞍上は大幅強化。

コース適性でやや嫌われそうな気はするが、今の勢いに期待したい。

 

(B) キングオブコージ

選んだ理由は(A)馬と同じく1発あるかもしれない末脚。

前走は展開も向いたと思うが、強烈な末脚が嵌って1着。

OP昇格後この馬の好走パターンは下手にソコソコの位置で構えるより、思い切って控えてズドンという戦法が嵌ると思う。

前が競り合えば展開的にも人気的にも面白い。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。