新着エントリー

ローズステークス2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは中京競馬場で行われる芝2000m戦。

中京開催となってから今年で3年目となります。

今年の登録馬を見ると、前走オークス組が僅か2頭で、しかもその2頭とも掲示板外に敗れた馬。

二桁人気馬の好走率がかなり高いレースでもあり、今年も出番があるかもしれないですね。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が今回と条件が近い開幕3~4日目の同コース重賞、2012年以降の8レース分の脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ馬の複勝率が高いが、勝ち数では差し馬が4勝で圏内馬は全体の半数以上。

この2脚質で圏内馬の75%を占めています。

よって今回は逃げ馬と差し馬に注目してみました。

 

まず逃げ馬ですが、圏内に入った4頭中3頭が…

 

① 近3走中2戦以上逃げている

 

昨年の2着馬エイシンヒテンもこの条件に合致しています。

この条件に該当する馬は

 

ヒヅルジョウ

 

以上1頭です。

ただパーソナルハイの出方が気になりますし、今回は先行勢も多いし…

ですがとりあえずペースは別として逃げ馬を狙うならこの馬ですね。

 

次いで差しで圏内に入った14頭を見てみると、その内11頭が…

 

① 前走4角5番手以下

 

そんな条件当たり前だろと言われれば返す言葉もないですが…(-_-;)

ただ今年は前走逃げ・先行策の馬が結構多いので、こんな単純な条件でも意外と良いかもしれない。

この条件に該当する馬は

 

サリエラ
マイシンフォニー
メモリーレゾン
ルージュリナージュ
ロマンシングブルー

 

以上5頭です。

ちなみに近2年の中京開催のローズステークスの圏内馬6頭中3頭が前走4角10番手以下。

今年は前走4角10番手以下の馬はいませんが、マイシンフォニーとメモリーレゾンは前走初角10番手以下。

中でもメモリーレゾンは5戦中4戦が上り最速で後方から1発あってもおかしくないかもしれない。

 


枠順傾向データ 」

以下が今回と条件が近い開幕3~4日目の同コース重賞、2012年以降の8年分の枠順傾向です。

 

 

これを見ると複勝率が高いのは7~14番ゲート。

ただ勝馬は5番ゲート以内で5勝挙げています。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ても似たような傾向で勝馬は内枠、圏内馬なら外枠の成績が良い。

ちなみに近2年の中京開催のローズステークスの傾向を見ると…

 

 

好走馬が8~14番ゲートに密集しています。

非常に迷うところですが、今回は複勝率を重視したいと思います。

上記のデータを考慮して

 

7~14番ゲート有利

 

と判断します。

ただやはり頭を固定するなら内枠重視でも良いのではないでしょうか。

 


血統傾向データ 」

いつもなら過去5年の血統傾向を載せるのですが、近2年の中京開催のローズステークスはかなり偏った傾向があったので、その傾向を載せることにしました。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父or母父に

・ディープインパクト

です。

圏内馬6頭中5頭が父or母父にディープインパクトを持っています。

 

今回の該当馬は

 

サリエラ
パーソナルハイ
マイシンフォニー
ラリュエル

 

以上4頭です。

ただ今年は母父ディープインパクトの血を持つ馬はいませんでした。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走オークス5着以内 
② 前走1番人気で1着馬 

 

想定4番人気以内馬で上記の条件①or②に該当する馬は

 

サリエラ

 

以上1頭です。

2018年だけがオークス5着以内馬が馬券に入っていませんが、この年だけが唯一オークス5着以内馬の出走が無い年でした。

そして今年もオークス5着以内馬の出走がありません。

そうなるとサリエラは傾向的には期待したい。

さらに連勝中のディープ産駒でもあるので、「勢いの乗ったディープ産駒は黙って買い」ですかね。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走G2クラス以上出走馬
② 前走4番人気以内 且つ 上り2位以内 or 4角2番手以内 

 

想定5番人気以下馬で上記の条件①or②に該当する馬は

 

エグランタイン
ヒヅルジョウ
マイシンフォニー
メモリーレゾン
ラリュエル
ルージュリナージュ

 

以上6頭です。

例年二桁人気馬が大穴をあけるレースですが、この中でヒヅルジョウだけが想定二桁人気馬。

展開的に厳しいことも予想されますが、大穴の1頭として馬券に加えても良いかもしれません。

ただ自分は流し馬券のスタイルではないので、この馬にまで手が回るかどうかはまだわかりません(^_^;)

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は過去10年の5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は12,7%です。

 

・関東馬(0・0・0・8)複勝率0%
・前走G3クラス以下で5番人気以下(0・0・0・25)複勝率0%
・前走馬体重485キロ以上(0・0・0・12)複勝率0%

 

とにかく大荒れするレースなのでデスデータ項目があまりありませんでした。

突破馬の方が明らかに多かったので、今回は全て突破できなかった馬を載せます。

 

ブルトンクール
ベリーヴィーナス
ルージュリナージュ

 

以上3頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

(B) ?????

正直まだどの馬にしようか迷っているが、現時点ではこの馬を挙げたい。

週末の天気が気掛かりだが、陣営も左回りは良いと言っているように3走前の左回りではオークス6着馬ルージュエヴァイユに先着経験がある。

血統的にもこのレースとは抜群相性であるディープインパクトの血を持ち、兄には重賞馬マイラプソディがいる。

前走のように後方で脚を溜めた鋭い末脚に期待する。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。