レパードステークス2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回はレパードステークス2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは新潟競馬場で行われるダート1800m戦。

近4年の勝ち馬は全て5番人気以下と波乱傾向にあります。

また二桁人気馬もかなり絡んでいて3連系で攻めるには難しいレース。

馬連・馬単・ワイドなどで勝負す方が得策かもしれません。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると圧倒的逃げ馬有利で先行馬も複勝率が40%近くあります。

しかしその反面、上り1位の複勝率が80%というのも見逃せない。

 

よって今回は逃げ・先行馬と上り1位馬について調べてみました。

まず上り1位馬に関してですが、圏内に入った9頭中8頭が

 

・過去にG1で上り3位以内 又は 近6走中3回以上上り1位経験あり

 

今回この条件に該当する馬はG1の全日本2歳優駿で上り2位を繰り出したタイセイアゲインのみ。

 

 

次いで逃げ・先行馬ですが、逃げ・先行で圏内に入った馬は19頭います。

ただ圏内に入った前走芝レース・ユニコーンステークス組の5頭に限っては差し・追い込みタイプの馬が当レースでは先行脚質へとガラッと変わってしまい傾向が読めない。

幸いにも今回は前走芝レース・ユニコーンステークス組はクリーンスレイトのみとなりますので、

残りの14頭の傾向を調べました。

その14頭中10頭に該当する条件は

 

・近4走中3回以上4角4番手以内

・キャリア2戦の馬は2戦共に4角4番手以内

・前走3勝クラス以上出走馬は5着以内 且つ 6番人気以内

・2勝クラス以下出走馬は1着 且つ 2番人気以内

注:海外遠征のあった馬は海外を除く国内戦だけを対象

 

今回この条件に該当するのは

・オセアダイナスティ
・キャリアリズム
・テイエムマジック
・トモジャリア
・ノーブルシルエット
・ハンディーズピーク
・ホッコーハナミチ
・メイショウムラクモ
・ルコルセール

 

対象馬が9頭と多いですが青字の馬以外は18分の11の抽選馬なのでもう少し減ると思います。

ただ今回逃げ・先行タイプの馬がかなり揃った感じがするので、例年通り前有利とも言えないかもしれません。

 


次は枠順傾向です。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬は8番ゲート以内と9番ゲート以降で分けると8番ゲート以内に多い。

ただ複勝率で見ると14・15番ゲートの8枠以外は大きな差はないように思えます。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると勝ち馬は全て6番ゲート以内。

複勝率で見ると9番ゲートまでを境目とするか11番ゲートまでを境目とするかで迷いますが、枠番で見ると

 

 

7枠以降の成績が落ちていることが分かります。

フルゲートと仮定すると12番ゲート以降が割引となります。

 

上記のデータを考慮して

 

1~11番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

 

今回の推奨血統は

父に

・パイロ
・キングカメハメハ
・ゴールドアリュール

又は

母父に

・ミスプロ系
・ナスルーラ系
・ロベルト系

です。

特に近2年はパイロ産駒の活躍が目立ちます。

また母父で見ると複勝率が30%を超えているのが・ミスプロ系・ナスルーラ系・ロベルト系となっています。

 

今回の該当馬は

 

クリーンスレイト
スマートパルフェ
タイセイアゲイン
ディールクルム
トモジャリア
ナリタフォルテ
ノーブルシルエット
ホッコーハナミチ
ラヴォラーレ
レプンカムイ

 

以上10頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指していますが、このレースで穴馬が来た年は必ず6番人気以下から出ています。

よって今回の上位人気馬は5番人気以内とします。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走2勝クラス以上
② 過去に1800m以上のレースで勝利経験 又は 1800m以上のOPクラス以上で圏内あり
③ キャリア5戦以上

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で5番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定5番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ホッコーハナミチ
メイショウムラクモ

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは6番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は6番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走3勝クラス以上or地方競馬
② キャリア5戦以上
③ 過去に1800m以上のレースで勝利経験あり

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

6番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で6番人気以下の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定6番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

クリーンスレイト
ロードシュトローム

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補1頭を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

抽選馬が多く2勝クラス・1勝クラスの馬が大多数で精査しきれません。

よって今回は1頭だけ穴馬候補を推奨します。

(A)

明らかに前有利なレースではあるが、今回の登録馬は逃げ・先行馬がかなり多い。

しかもOPクラスすら走ったこともない馬ばかりとなると、この馬に食指が動く。

前走はスタート直後に明らかに致命的な不利がありながら、掲示板まで持ってきた実力は素直に評価できる。

血統傾向・穴馬消去法でも挙げた馬で重賞でも十分やれることは前走で実証済。

あとは展開さえ向けばチャンスは十分あると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です