新着エントリー

AJCC(アメリカジョッキークラブカップ)2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは中山競馬場で行われる芝2200m戦。

今回の注目は何と言ってもオーソクレースではないでしょうか。

メンバーを見る限りここでは能力が違う気がしますが、最近のルメール騎手は全く冴えないですね。

消えるとまでは思わないがルメール騎手の凡走を願って2・3着付け勝負か、それとも点数を絞って1着付けか。

回収率を上げるためにはオーソクレースの扱いが重要となってきそうです。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が中山競馬場改修工事後の過去7年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると明らかに前有利で、特に先行馬は特注です。

そこで前走海外遠征だったブラストワンピースを除く、先行で圏内に入った9頭の共通点を調べるとその内8頭が…

 

① 前走距離芝2000m以上
② 前走4角4番手以内

 

この条件に該当する馬は

 

アンティシペイト
キングオブコージ
スマイル
ポタジェ

 

以上4頭です。

この中で注目はポタジェ。

想定騎手は横山武史騎手で積極策を取らせたら無双状態になるような騎手。

能力的にはやや足りない気もするが、オーソクレースに一泡吹かせられるかもしれないという期待感はある。

 


枠順傾向データ 」

以下が中山競馬場改修工事後の過去7年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると内枠も好走してはいるが、勝率・複勝率共に好走傾向にあるのは7~12番ゲート辺り。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると完全に内枠不利な傾向。

好走スポットは7~10番ゲート。

 

全体傾向も加味して考えると

 

7番ゲート以降有利

 

と判断します。

15番ゲート以降は不利な傾向がありますが、今年の登録馬は14頭です。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・欧州型種牡馬
・ステイゴールド系

又は

母父or母母父に

・サドラーズウェルズ系
・ナスルーラ系

です。

京成杯の傾向も似たような傾向でしたが、このレースの種牡馬をざっと見ても明らかにスピードやキレ味勝負の馬には分が悪いです。

 

今回は該当が多いので該当馬を載せます。

 

アンティシペイト
エヒト
オーソクレース
キャッスルトップ
スマイル

 

以上5頭です。

2017年のセーヴィント以外の14頭は上記の推奨血統に該当。

逆にこの傾向に当てはまらなかった馬は割引いて考えたい。

1番人気は確実であろうオーソクレースですが、父エピファネイアでロベルト系ということを考えると決してスタミナ・パワーが無いとは思えないが、あくまで傾向的にですが不安要素ありです。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青・緑色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走海外G1出走馬 又は 国内G1出走馬で4着以内or3番人気以内
② 前走3勝クラス以上で3着以内 且つ 4番人気以内 且つ 上り4位以内or4角4番手以内

 

この条件で2015年以外は必ず好走馬が出ています。

想定4番人気以内馬で上記の条件に①or②に該当する馬は

 

オーソクレース

 

以上1頭です。

軸にはしたくはないが、やはり人気でもこの馬しかいないのかなという気がしています。

先週は日経新春杯でステラヴェローチェが2着に敗れたがあれはハンデ戦。

別定戦であれば、2~4番人気想定馬と比べても抜けている気がする。

ただ一発逆転があるとすれば脚質傾向で書いたポタジェ以外では同コースでこの馬を降したアサマノイタズラかもしれない。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 5~8歳
② 前走距離芝2000~2500mの重賞出走馬
③ 前走上り5位以内or4角4番手以内 

 

穴馬が来た年に限ると、この条件で2013年以外は必ず好走馬が出ています。

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アンティシペイト
キングオブコージ
ラストドラフト

 

以上3頭です。

この中で特に注目はラストドラフトですね。

2年連続好走中で非根幹距離で強い馬はその距離でしか好走しないことが多い。

流石に3年連続はないだろうと思いつつも気になりますね。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は2012年以降の5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は11,0%です。

 

・前走敗戦馬の着差1,0秒以上(0・1・0・38)複勝率2,5%
・前走より斤量増(0・1・0・21)複勝率4,5%
・前走OPクラス以下(0・0・1・32)複勝率3,0%
・前走距離1800m以下(0・0・1・12)複勝率7,7%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

キングオブコージ
ラストドラフト

 

以上2頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

前走はやや離された敗戦だったが、前残りの展開で仕方ない。

ダンビュライト・キャッスルトップ・スマイルがある程度引っ張ってくれれば、この馬にもチャンスはある。

何よりコース適性が文句なしで鞍上も大幅強化。

2000m以上の非根幹距離重賞レースは(0・1・2・1)複勝率75%で勝てないまでも3着くらいなら十分好走可能だと思います。

 

(B) キングオブコージ

この馬は想定オッズでは4番人気だが、ボッケリーニの想定騎手が横山武史騎手となると多分キングオブコージが5番人気になるのではないか。

一応5番人気以下から狙うとしたらこの馬を挙げたい。

長期休養明けを叩いて今回が3戦目。

前走で復調気配は見せていて、3走前にはグローリーヴェイズ・キセキとコンマ3秒以内の競馬をした馬。

血統傾向・脚質傾向・穴馬消去法推奨馬であり、デスデータ突破馬。

妙味がある穴馬ではないが、データ・能力的にも狙いやすい馬である。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。