新着エントリー

ユニコーンステークス2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 前走国内出走馬
② 前走G1出走馬を除く4着以内
③ 前走G1出走馬を除く6番人気以内
④ 前走4角10番手以内
⑤ キャリア7戦以内
⑥ 前走馬体重470キロ以上
⑦ 前走間隔中17週以内

 

条件を挙げるとすればこんなところでしょう。

ここまでで残った馬はインダストリア・ジュタロウ・テーオーステルス・リメイクの4頭。

ここからあと2頭削りたいのだが、上記の表からはこれ以上絞りきれない。

 

よって例外馬を1頭挙げたい。

その馬は昨年のスマッシャー。

過去の1着馬と比べるとスマッシャーは唯一の前走1400m組、唯一の当日下位人気馬、唯一の前走4角10番手以下と異なる点が多い。

そこで以下の条件を付け加えたい。

⑧ 前走距離1600m以上

 

この条件を追加すると残った馬はインダストリア・ジュタロウの2頭。

よって今回はインダストリアとジュタロウを軸馬とします。

正直インダストリアのダート適性が微妙ですが、実績だけを考えれば能力だけでやれてしまう可能性も十分ある。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としています。

(3連単)

(1着) 
4枠6番ジュタロウ
6枠10番インダストリア

(2・3着)
4枠6番ジュタロウ
6枠10番インダストリア
1枠1番ハセドン
4枠7番リメイク

(2・3着)
穴馬(C)(D)

◉→◉〇⇔★各100円×24点=2400円

 

(1着) 
1枠1番ハセドン
4枠7番リメイク

(2・3着)
4枠6番ジュタロウ
6枠10番インダストリア

(2・3着)
穴馬(C)(D)

〇→◉⇔★各100円×16点=1600円

(計4000円)

 

対抗馬1頭目はハセドン

脚質的に後方過ぎる位置からの競馬が多いし、枠順的にも1枠1番というのは微妙。

ただ過去記事で少し触れたが、8番ゲート以内から好走した馬は16頭中14頭が差し・追い込み馬。

ダートで3戦3勝という実績は無視できない。

 

対抗馬2頭目はリメイク

この馬もハセドンと同じく現在3連勝中。

距離延長が気になるが、1600mを走ったことがないだけで距離適性は未知数。

この馬もハセドン同様やはり無視できない。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(G)(H)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(G) ?????

この馬の最大の押し材料は過去記事の脚質傾向で挙げた複勝率45,8%の条件で残った馬であるということ。

端午Sは2番人気で惨敗だったが、前走の青竜Sでは巻き返してハセドンの3着と好走。

前走から継続騎乗の鞍上にも期待しています。

 

(H) セキフウ

ダート重賞では勝てないまでも常に上位争いを演じている。

前走はさすがに距離が長かったか?

適距離に戻る今回は十分巻き返し可能だと思います。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。