プロキオンステークス2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回はプロキオンステークス2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは小倉競馬場で行われるダート1700m戦。

例年とは全く異なる条件でコースも違えば距離も違う。

過去データは全く参考にならないレースでしょう。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

過去データは使えないので、同コース1勝クラス以上過去10年で調べました。

以下がその脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ・先行・捲りが圧倒的有利。

前走脚質でも調べてみましたが、同じく前に行った馬が有利でした。

ただ今回のメンバーを見るとかなり多くの先行タイプの馬が揃った感じで脚質傾向通りにはいかないのではないか。

今年は差し馬に分があるかもしれません。

 


次は枠順傾向です。

こちらも同じく同コース1勝クラス以上過去10年で調べました。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると決して外枠が不利と言える程複勝率が悪いわけではないが、9番ゲート以内の複勝率は安定して20%以上をキープしています。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ても同じですね。

外枠が悪いわけではないが、10番ゲート以内の穴馬は平均して複勝率10%以上をキープしています。

 

上記のデータを考慮して

 

1~10番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去データは使えないので2016年以降の大系統種牡馬、そしてサンプル数10レース以上複勝率40%以上の個別種牡馬を調べてみました。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ナスルーラ系
・トランセンド
・フリオーソ
・スペシャルウィーク
・ロードカナロア
・ベルシャザール

です。

 

今回の該当馬は

 

サンライズホープ
タイガーインディ
ダノンスプレンダー
トップウイナー
ペプチドバンブー
メイショウウズマサ
メイショウカズサ

 

以上7頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

中京競馬場改修工事後の過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 斤量57キロ以下
② 前走海外遠征馬 又は 前走1着or1番人気
 前走馬体重470キロ以上

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去9年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

サンライズホープ

 

以上1頭です。

ただ例年とは全く条件が異なりますので、あくまで参考程度です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 斤量57キロ以下
② 前走馬体重470キロ以上
③ 前走4角6番手以内 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去9年で7回。

そしてその7回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

タイサイ
ナムラカメタロー
メイショウウズマサ
メイショウワザシ

 

以上4頭です。

こちらも同じく例年とは全く条件が異なります。

あくまで参考程度です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

今回はとにかく前に行く馬が多い。

狙いたいのは後方勢。

とは言っても穴馬の中でOP勝利経験や重賞好走歴のある馬も少ない。

そんな今回のメンバーで差し・追い込みタイプでOP勝利実績がある数少ない馬の1頭がこの馬。

距離適性があるかは疑問だが、人気がないようであれば面白いかもしれない。

(B) ナムラカメタロー

前残りの穴馬として挙げるならこの馬。

ただ果敢に先手を取りに行くというタイプでもないのでそこは良い。

OP勝ち・重賞好走歴もあり1700m戦では4戦3勝。

こういう非根幹距離や中途半端な距離が得意な馬は戦績が偏る傾向がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です