フェアリーステークス2021予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はフェアリーステークス2021の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝1600m戦。

注目はテンハッピーローズ。

2走前に敗れた相手は阪神ジュベナイル2着馬サトノレイナス、前走敗れた2頭は阪神ジュベナイル1着馬ソダシとシンザン記念想定1番人気のククナ。

このメンバーなら堅軸候補と言える馬。

1番人気の優勝は2014年以降一度もありませんが、今年はどうなるでしょうか。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が中山競馬場改修工事後の過去6年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると勝馬は逃げ馬か差し馬。

複勝率で見ると追い込み馬はかなり劣勢。

今年のメンバーを見ると明確にこの馬が逃げると言えそうな馬は皆無。

先行馬もそれ程多いようには思えず、先週の馬場も加味すると前有利か?

 

基本は前重視でも良いとは思うが、ただ差し馬もかなり活躍しているレースなので軽視は禁物。

ちなみに過去6回で前走上り2位以内の馬が圏内馬18頭中12頭もいることからこの点も考慮したい。

そしてその12頭中10頭が前走2着以内

カラパタール・ファインルージュ・プリティインピンク・ベッラノーヴァ・ホウオウイクセル・ルチェカリーナがその該当馬でここ辺りの馬は注意が必要かもしれません。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

・父サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系

又は

・父ミスプロ系を除く欧米種牡馬 

・父ミスプロ系を除く2500m以上の重賞で好走歴を持つ種牡馬

です。

 

このレースは父サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系の複勝率が過去5年で58,3%と極めて高く要注意です。

しかし今回は該当馬がいなかったので、代わりの条件をだしました。

相性が悪いのが複勝率一桁台の父ミスプロ系。

逆に好走傾向にあるのは過去5年の種牡馬を見るとスタミナ・パワーを要する欧米血統、そしてスピード向きとは言えないような長距離実績のある種牡馬です。

今年の出走馬の父にはジョーカプチーノ・ヴァンセンヌ・カレンブラックヒル等の明らかにマイル向き種牡馬が多そう。

 

今回の該当馬は

 

クールキャット
タイニーロマンス
テンハッピーローズ
ベッラノーヴァ
ルチェカリーナ

 

以上5頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走距離1600m
② 前走阪神ジュベナイル出走馬 又は 3着以内 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

テンハッピーローズ

 

以上1頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

注:当初ルチェカリーナを挙げていましたが、出走しないことになったので記事を新たに更新して穴馬を挙げてます。

前走は大幅馬体減ながらも不良馬場で一変して圧勝。

今の中山の馬場を考えると、力の要る馬場は合っているのかも。

この馬の父はマイル前後で活躍した馬で先ほど書いた血統傾向にはマッチしていないが、脚質傾向では推奨した馬。

昨年関東リーディングを取った強気な鞍上の先行策にも期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です