スプリングステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はスプリングステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

ただ日曜の天気は完全雨予報。

そうなると内馬場はかなり悪くなるのではないか?

そして外差し馬場という可能性も十分ありそう。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番ランドオブリバティですが、雨予報を前提として考えると最内枠はマイナスでしょう。

ただでさえ気性に問題がある馬で、最内で泥を被るような競馬で気分が削がれないか‥

この配置だと外に持ち出すのも難しい。

 

次に5枠9番ロードトゥフェイムですが、予想以上に人気になりましたね。

当初穴馬候補でしたが、穴狙いとしては買えなくなりました。

道悪競馬と想定して考えるならば中枠は申し分ない。

前走不良馬場で勝利しているのもいいですね。

 

次に6枠10番ボーデンですが、この馬も道悪想定で考えると中枠付近は良いと思う。

そして2戦連続上り最速。

外差し馬場に変貌するようなら尚更チャンスがありそう。

 

最後に8枠14番ヴィクティファルスですが、大外枠に入ったが道悪想定ならそこまでマイナスにはならないか。

ただそれでももう少し内寄りが欲しかった気がします。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

(1着)
5枠9番ロードトゥフェイム
6枠10番ボーデン

(2着)
穴馬(C)(D)(E)

各400円×6点

(計 2400円)

 

馬単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのはまずロードトゥフェイム。

血統傾向の記事で書いたが、2歳戦が強いイメージで3歳夏くらいまでがMAXであろうマツリダゴッホ産駒というのも良い。

程よい中枠に入り不良馬場もこなせる。

中団で溜めてからの末脚に期待したい。

 

次いでボーデン。

本来なら前走未勝利組の馬など買う気にもなれないが、前走のパフォーマンスは圧巻。

枠も良い所に入り文句なし。

またハービンジャー産駒なので重馬場適正・中山コース適正も十分あると思う。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

今回は道悪想定、先行馬不利という前提で穴馬を選び直しました。

(C) ?????

内過ぎず外過ぎずで配置は良い。

また穴馬消去法や脚質傾向の記事でも挙げた馬である。

前走は先行したが、差し競馬も経験済みで対応できそう。

外差しに期待したい。

(D) ?????

やや内枠に入ったのは残念だが、このレースとは好相性の良いロードカナロア産駒。

また(C)馬と同じく穴馬消去法や脚質傾向の記事でも挙げた馬である。

鞍上も申し分なく現状オッズで買えるならお買い得な穴馬だと思います。

(E) アサマノイタズラ

当初はレインフロムヘヴンを候補にしていましたが、前に行く馬を割り引く前提でいるのでこの馬を3番手に挙げた。

前走は1番人気で負けはしたが、4角3番手以内の馬で圏内独占。

そんなレースで後方から競馬をしたのでは届かないのは当然。

今回は差し有利と読んでいるので、この馬の安定した末脚にも期待が持てる。

血統的にもヴィクトワールピサ産駒なら重馬場も苦にしないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です