シンザン記念2021予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回はシンザン記念2021の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは枠順傾向から見ていきます。

今年は中京開催で過去データが使えないので、同条件に近い中京競馬場改修工事後の開幕1~4日目・同コース500万クラス以上のデータを参考にしました。

以下がその枠順傾向です。

 

 

これを見ると平均的に複勝率20%以上をキープしているのは10番ゲート以内です。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると同じく内~中枠付近に好走馬が多いです。

 

上記のデータを考慮して

 

1~10番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走阪神出走馬
② 前走距離1600m以上
③ 前走間隔中5週以内
④ 関西馬

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は9回です。

 

とにかく前走阪神開催の馬の好走馬が多いです。

ただし、今年は本来京都開催だったはずのレースが阪神開催となったレースもあります。

そこで例年通り前走間隔の条件を設けて、ジャパンカップ以降の阪神開催馬を対象としました。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ロードマックス

 

以上1頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


前回の記事では穴馬候補を1頭挙げましたが、今回は2頭目の穴馬候補を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

前走は1番人気を背負って短距離戦で痛恨と言える出遅れ。

それで3着まで持ってきた実力は侮れない。

その時の1着馬は後の朝日杯フューチュリティステークス5着馬。

またこのレースは馬体重520キロ以上の馬の成績が抜群に良い。

まだ底が見えていないという点で買い要素十分だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です