CBC賞2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はCBC賞2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~10番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは5枠6番ビオグラフィーですが、良い配置を引いたと思います。

ここなら逃げも良し、控えても良しと融通が利く配置でしょう。

あとはピクシーナイト次第。

 

次に7枠11番ピクシーナイトですが、3戦連続逃げている馬。

ただ内にビオグラフィーがいるので、逃げれる可能性がやや怪しくなってきた。

とは言え同じシルクレーシングなので競り合うことはないだろう。

プリカジュールも内にいるが、この馬の場合障害帰りでいきなりスピード競馬に対応できるかは疑問。

とにかく自分の競馬をするなら内目の枠が良かったと思う。

 

次に6枠8番メイショウチタンですが、先行差しと自在タイプ。

程よい中枠なら特に問題ないでしょう。

 

最後に6枠9番ヨカヨカですが、ちょっと外寄りになってしまったのは残念。

ここからだと4~5番手くらいの競馬かもしれませんね。

もう少し内枠が欲しかったはず。

 

本命馬も対抗馬も基本的には1~4番人気から選ぶのが基本。

かなりの大混戦やハンデ戦でもせいぜい6番人気くらいまでから選びます。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の本命馬は

 

6枠9番ヨカヨカ

 

本命はヨカヨカにした。

総合的にこの馬が一番欠点材料が少ない。

距離◎脚質◎斤量◎実績○枠順△といった感じで不安材料は好走例がない3歳馬ということくらい。

他の有力馬は距離・脚質・斤量・実績面でどこかしら不安が残る。

ピクシーナイトは距離、ビオグラフィー・メイショウチタンは重賞実績。

あくまで3着以内という意味でならヨカヨカが一番信頼できると思います。

 

対抗馬は

4枠8番メイショウチタン
5枠6番ビオグラフィー

7枠11番ピクシーナイト

 

素直にいつも通り残った3頭の人気馬を選びました。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが3連単勝負です。

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着) 
6枠9番ヨカヨカ

(2・3着)
4枠8番メイショウチタン
5枠6番ビオグラフィー
7枠11番ピクシーナイト

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×18点

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着)
4枠8番メイショウチタン
5枠6番ビオグラフィー
7枠11番ピクシーナイト

(2・3着)
6枠9番ヨカヨカ

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×18点

(計 3600円)

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

過去記事で書いた血統傾向では重賞を対象にしていたので推しませんでしたが、2016年以降の同コース1勝クラス以上、サンプル数10レース以上の種牡馬複勝率第1位はフランケル。

複勝率50%というかなり好成績な種牡馬を父に持つこの馬は、やはり同じように小倉を得意としていて6戦4圏内で複勝率66,6%。

しかもその6戦で圏外となった2戦は冬競馬、圏内に入った4戦は夏競馬。

この馬を買うなら夏の小倉開催がベストだと思います。

(D) ファストフォース

短距離戦を得意とするロードカナロア産駒。

3勝クラスからの格上挑戦馬の好走率が高いのだが、好走したのは前走1着か1番人気馬だけ。

過去10年で前走1着か1番人気馬だった対象馬は7頭いて4頭が好走で複勝率57%、この馬も当てはまる。

あとは馬体重がカギだが当日できるだけ絞れてて欲しい。

(E) ?????

斤量で嫌われているのだろうが、実績とこの鞍上でこの程度の人気なら押さえておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です