新着エントリー

青葉賞2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは東京競馬場で行われる芝2400m戦。

今年は前走重賞出走馬が僅か1頭で、未勝利・1勝クラスが大多数を占めています。

例年なら前走重賞好走馬が本命馬を決める材料となりますが今年はそれがない。

例年上位人気馬は2頭くらいは圏内に来ていますが、今回は力関係が分かりにくいだけに一波乱あってもおかしくないかも。

ただ馬券的には面白そうですね。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると目につくのは差し馬。

6勝していて全体の3分の2(20頭)も圏内に入っています。

そこで今回はこの差し馬に注目してみました。

まずはクラス別で分けてみました。

前走1勝クラスで圏内に入った13頭を見てみるとその内12頭に共通する点は…

 

① 前走距離2200m以上の1勝クラスで6番人気以内で4着以内
② 前走上り4位以内

 

この条件に該当する馬は

 

グランシエロ
サンライズエース
ディライトバローズ
ロードレゼル

 

以上4頭です。

 

次に残りの前走OPクラスから圏内に入った7頭全てに共通する点は…

 

① 前走6番人気以内で7着以内
② 前走上り7位以内
③ 前走芝レース

 

この条件に該当する馬は

 

レヴァンジル

 

以上1頭です。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝馬は11番ゲートまで。

複勝率では途切れることなく好走しているのは13番ゲートまでです。

とにかく外枠は割り引きだということがわかります。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると安定して好走しているのは12番ゲートまで。

13番ゲート以降からの好走馬は僅か1頭です。

 

上記のデータを考慮して

 

1~12番ゲート有利

 

と判断します。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト

又は

母父or母母父に

・ロベルト系

又は

・トニービン内包馬

です。

昨年はトニービン内包種牡馬が1・2着独占。

今年もトニービン内包種牡馬がかなりの数登録しています。

よって今年は該当馬が多すぎるので、対象にならなかった馬を載せたいと思います。

今回の該当馬

 

ジャスティンスカイ
メイショウウネビ
ラヤス
ロンギングエーオ

 

以上4頭です。

上位人気馬ではジャスティンスカイが該当してしまいました。

前走1勝クラスから好走した馬は殆どか距離2200m以上。

この馬は前走距離2000mで血統傾向からも外れた。

競馬はデータだけで決まる訳ではないことは重々承知ですが、不安材料であることには違いない。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走OPクラス以上で4着以内 又は 2番人気以内 
② 前走距離2200m以上の1勝クラス特別で3番人気以内で1着 且つ 上り1位

 

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

レヴァンジル

 

以上1頭です。

唯一のOPクラス以上好走馬。

例年ならOPクラスから出走してきた馬は好走率が低いですが、今年に限ってはこの馬でも足りるか?

また2200m以上の1勝クラスから好走した馬は全て前走上り1位。

ロードレゼルは前走上り2位。

些細な差かもしれないですがデータ的には残念ながら消しです。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走1勝クラス以上
② 前走距離2200m以上
③ 前走4着以内 且つ 上り4位以内 

 

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

グランシエロ
サンライズエース
ディライトバローズ

 

以上3頭です。

データ的にはこの3頭だが、今年は重賞組がほとんどいないだけに前走未勝利組や距離2000m以下からの馬の台頭も十分考えられます。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は過去10年の5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は9,5%です。

 

・キャリア8戦以上(0・0・0・18)複勝率0%
・前走間隔中4~12週以外(0・0・0・19)複勝率0%
・前走5着以下(1・0・0・39)複勝率02,5%
・前走敗戦馬の着差0,8秒以上(0・0・0・32)複勝率0%
・前走1勝クラス以外出走馬(1・0・0・51)複勝率1,9%
・前走距離2000m以下(1・0・0・64)複勝率1,5%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

グランシエロ
ディライトバローズ

 

以上2頭です。

上記の条件の中の3項目で1着馬になった馬がいますが、これは全て同一馬で2018年のゴーフォザサミット。

前走G2の1800mスプリングステークスで7着という成績。

この馬以外の5番人気以下馬で上記の条件から好走した馬はいません。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

過去傾向から言ったらこの2頭しかいないんですよね。

(A) ?????

この馬の押し材料は正直過去傾向のみ。

父は昨年1・2着だった馬と同じミスプロ系トニービン内包種牡馬で脚質傾向・穴馬消去法推奨馬でデスデータ突破馬。

主戦騎手が乗り替わるのは嫌な材料だが、代わりに関東のリーディング常連騎手が騎乗できる点は良いかも。

今まで戦ってきた相手が微妙だが、ただ穴人気することもないと思うので狙ってみたい。

 

(B) グランシエロ

過去傾向はもちろんですが、この馬を推す材料として3走前の相手。

この馬は2着でしたがタイム差なしの1着馬は皐月賞3着のドウデュース、3着馬は弥生賞1着のアスクビクターモア。

想定オッズのような人気で買えるとは到底思えないが、穴馬として狙う価値は十分すぎる程あると思います。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。