新着エントリー

阪急杯2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは阪神競馬場で行われる芝1400m戦。

過去5年で5番人気以下の馬が4勝も挙げているレース。

現時点の1番人気はなんと3勝クラスを勝ち上がったばかりのグレイイングリーン。

そして鞍上が先週ようやく初重賞制覇した岩田望来騎手。

これでまた1着に来たら話が出来すぎでしょ。

多分期待込みの人気なのだろうが、今年も荒れる要素は十分ありそうです。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見るとまず注目したいのは逃げ馬が4勝という点。

ただ今回は逃げ馬と言える存在がいない。

コントラチェックは多分中山記念へ向かうと思うので、それ以外の登録馬で近5走まで遡ればモントライゼが4走前に逃げたくらい。

一応前走アイビスサマーダッシュに出走しているくらいなので、逃げで注意するならモントライゼ

 

また先行馬まで広げてみても今回は前に行きたそうな馬が少ないですね。

比較的前目で競馬をするであろう馬はサンライズオネスト・マリーナ・ヴィジュネル・クリノガウディーくらい。

差し・追い込みの好走馬も多いですが、今年に限っては前有利かもしれません。

ただ後方勢の中には上記5頭より能力が一枚上という馬が多そうなので微妙なところです。

一応脚質や展開で考えるならという意味で上記5頭を推奨しておきます。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬で見ても複勝率で見ても内も外で大きな差は見られません。

ただ中枠付近はやや成績が悪くは見えます。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると8~11番ゲートからは好走馬無し。

それ以外では内外で大きな差はありません。

ただ勝ち馬は外枠の方が多い。

上記のデータを考慮して

 

8~11番ゲート不利

 

と判断します。

一応データ的には中枠付近が不利ですが、正直理由はわからない(;^_^A

敢えて言えば鬼門ゲートと言えばよいのでしょうか。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父or母父に

・ノーザンダンサー系

又は

母父に

・サンデーサイレンス

です。

父か母父にノーザンダンサー系の活躍が目立つのはすぐわかりますが、よく見てみると母父にサンデーサイレンスを持つ馬も好走しています。

注意して欲しいのはサンデーサイレンス系ではなくサンデーサイレンスです。

過去5年中4年好走馬が出ています。

 

今回の該当馬は

 

エイティーンガール
ザイツィンガー
タイセイビジョン
ダイアトニック
マリーナ
ミッキーブリランテ
ヴィジュネル

 

以上頭です。

ちなみに今年の登録馬で母父サンデーサイレンスはダイアトニックとヴィジュネルの2頭です。

 

消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走G1で一桁着順
② 前走シルクロードS・京都金杯・阪神カップで4着以内or2番人気以内

 

この条件で毎年必ず好走馬が出ています。

想定4番人気以内馬で上記の条件①or②に該当する馬は

 

タイセイビジョン
ダイアトニック

 

以上2頭です。

過去10年の圏内馬30頭をみても前走3勝クラスからの好走馬は1頭だけ。

前走3勝クラスのグレイイングリーンは一応1番人気想定ですが、本当に上位4番人気以内くらいまでになるようなら、あまり積極的に買いたくないですね。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1200~1600m
② 前走5着以内or4番人気以内or上り1位(前走3勝クラスは1着馬に限る)

 

過去10年で穴馬が来た年は9年ありますが、上記の条件で8年好走馬が出ています。

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

エイティーンガール
グルーヴィット
サンライズオネスト
トゥラヴェスーラ

 

以上4頭です。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は8,8%です。

 

・前走間隔中16週以上(0・0・0・14)複勝率0%
・前走敗戦馬の着差1,5秒以上(0・0・0・16)複勝率0%
・前走から2キロ以上の斤量減・3キロ以上の斤量増(0・0・0・10)複勝率0%
・前走馬体重507キロ以上(0・0・0・33)複勝率0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

エイティーンガール
サンライズオネスト
マリーナ
リレーションシップ
リンゴアメ
ヴィジュネル

 

以上6頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

エイティーンガールは5番人気以下ですが、現時点の想定オッズは大混戦なので今回は6番人気以下から選びたいと思います。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

今回のメンバーを見ると能力は高くても叩きっぽい馬や展開が向かなさそうな馬が多い。

今回は前有利と読んでいるのでこの馬を挙げたい。

前で競馬をしそうな馬は何頭かいるが、この馬は2走前に今回1番人気想定のグレイイングリーンを降して勝利。

3走前は京都牝馬ステークス2着のスカイグルーヴ相手に2着。

前走は惨敗だったが、今回は得意の1400mに戻るのでそこに期待。

 

(B) トゥラヴェスーラ

問題は長期休養明けで体調がどうかだけ。

能力だけで見れば高松宮記念4着という実績はこのメンバーでは際立つ。

前走の京王杯でも初の1400m戦ながらラウダシオンとタイム差なしの2着という内容。

最終追切りまで待って、ある程度態勢が整っているようであれば狙ってみたい。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。