関屋記念2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は関屋記念2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では9番ゲート以降有利と判断しています。

そして土曜日の新潟芝レースの出目と脚質傾向は以下の通りとなっています。

 

 

枠順で見ると内枠だからと言って特に割引くほどでも無さそうですが、問題は決まり手。

圧倒的に差し馬優勢です。

ここ辺りを考慮して予想を進めたいと思います。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番プリモシーンですが、枠順傾向では外枠有利で、しかもこの馬は差し馬。

普通に考えれば最内はマイナスかとも思いましたが、土曜日の傾向を考えるとそこまで問題ないか。

3走前も内有利な馬場ではあったが最内枠で重賞勝利。

しかも今回は前に行きたい馬が外枠に集中しているので、極端に包まれる心配も無いのでは。

マイナス要素より差し馬という点は土曜日の傾向からもかなりプラス材料。

 

次に2枠3番アンドラステですが、近2走は差し競馬だったが前に付けることもできる馬。

内枠だが特に問題無いでしょう。

今の馬場なら控えた方が勝機はあるかもしれない。

 

次に6枠11番クリノガウディー8枠16番グルーヴィットですが、過去の枠順傾向的には好枠だが、脚質を考えるともう少し内が欲しかったのではないだろうか。

しかも今日の馬場では先行脚質のこの2頭はやはりマイナスではないか。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

1枠1番プリモシーン  穴馬(C)(D) (各500円)

2枠3番アンドラステ  穴馬(C)(D) (各500円)

(計 2000円)

 

穴馬の馬単2着付け勝負です。

今回は人気馬の中から選んだのは1枠1番プリモシーン2枠3番アンドラステ。

 

まずは2年前の覇者プリモシーン。

能力・コース実績は問題なし。

近2走はややゲートの出が良くなかったが、まともなスタートさえ切れれば頭で狙える。

 

次にアンドラエステ。

プリモシーンがゲートでポカをするようなら、まだ底が見えていないこの馬に期待したい。

 

クリノガウディーとグルーヴィットの枠順がイマイチなのと距離適性の2点で評価を下げました。

 

そして今回選んだ穴馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

前走も穴馬に推して激走してくれたこの馬。

枠順も理想的なところに入り、勢いずいたら止まらない血統背景も魅力的。

もう今日の馬場を見る限り、こういう馬を狙うしかない。

(D)

(C)と同じような理由でこの馬。

枠と脚質と馬場はこの馬に味方するはず。

思ったほど人気になってないようなので、その点でもお買い得ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です