新着エントリー

秋華賞2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は秋華賞2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


 

本命馬は上位人気馬から選ぶが、基本的に1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

ただ少頭数のレースや単勝1番人気が100円台のレース、グランアレグリアやアーモンドアイのように明らかに抜けている馬がいる場合は別です。

あくまで経験則ですが…

①自分が選んだ穴馬が圏内に突っ込んでくるレースは結構な確率で1番人気が飛んでいるように思える。

②統計的に見ても1番人気が1着に来る確率は大体3回に1回程度。

③順当に1番人気がくる時はレース自体もあまり荒れない。

 

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

 

そして今回は3連単で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の軸馬は

 

5枠9番アンドヴァラナウト

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(3連単)

(1・2着) 
5枠9番アンドヴァラナウト

(1・2着)
6枠12番アカイトリノムスメ
2枠番ソダシ
7枠14番ファインルージュ

(3着)
穴馬(C)(D)(E)


◉⇔〇→★各200円×18点=3600円

 

(計3600円)

 

軸馬を決めるにあたり以下のデータを重視した。

過去10年で

・4番人気以内の関東騎手(0・2・0・8)
・4番人気以内の関東馬(1・2・1・6)

関西馬が9勝、美浦所属騎手は0勝となっています。

ただ例外は関東の国枝厩舎。

過去10年の秋華賞で(1・2・0・3)で複勝率50%です。

関東馬でもアカイトリノムスメは侮れないかもしれません。

ですが一応関西馬優勢のデータに沿って考えると、関西馬で 且つ 栗東所属騎手が最も1着に近い馬となる。

この条件に合致する馬は福永騎手騎乗のアンドヴァラナウト。

そしてルメール騎手騎乗のファインルージュ。

ただ忘れてはいけないのはこの2頭の主戦騎手が福永騎手で福永騎手はアンドヴァラナウトを選んだ。

よって軸馬はアンドヴァラナウトとした。

 

そしてソダシだが通常の1番人気ならセオリー通り消すところだがさすがに切れない。

2000mまでならデータなど関係なく圧勝してもおかしくなく、3歳牝馬で札幌記念をステップレースにしてくるほどの馬。

歴史的名牝になる可能性も高いこの馬を消すのは愚策。

 

ただソダシは人気的にも徹底マークされる立場。

一撃回収を狙うならソダシが消えた馬券も考慮して上記の馬券の組み立てをした。

穴馬を3着付けにした理由はこのレースで穴馬が2着以内に食い込んだのは過去10年で4回。

更に今年は上位人気5頭の層が厚いと思う。

穴が来るとしたら3着だと判断しました。

 

ただ上位人気5頭からユーバーレーベンは消した。

脚部不安によるぶっつけ本番。

この馬の場合、アカイトリノムスメとは違い近年のオークスからの直行組とは訳が違う。

叩いた方が良いタイプでもあり、その点も不安要素です。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

穴馬も以下のデータを重視した。

・5番人気以下の関東馬(0・1・0・60)
・5番人気以下馬騎乗の関東騎手(0・1・0・43)

とにかく西高東低がこのレースのポイント。

あまり決め打ちはしたくないが、これ程極端なデータがあると流石に見過ごせない。

それを踏まえて…

(C) アールドヴィーヴル

1勝馬の身ではあるが、クラシックは全て掲示板内。

それ以外のレースでは勝ち切れないものの圏内は外さない。

欲を言えばもう少し前目で競馬が出来ればよいと思うが、そこは鞍上松山騎手の手腕に期待したい。

(D) ?????

前走の大敗は大外枠と行きたがる気性と積極的な騎手という負の連鎖が原因ではないだろうか。

そしてこの枠なら馬群の中で脚を溜めることが出来そう。

今回の鞍上もそういう意味では折り合い重視で手が合いそう。

決して前走の敗戦は力負けではないはず。

(E) ?????

脚質傾向の記事で書いたように前に行ける脚を持ち、単騎逃げが見込めるメンバー構成。

ただこの馬の好走条件は多分ソダシ次第。

他馬が徹底してソダシをマークすることが予想され、ソダシが早めに後続との差を広げにかかればこの馬は4角を回ったところで潰れるだろう。

しかしソダシがある程度後続を引き付ける競馬をするか、ソダシが内枠で包まれ抜け出せないような事態が発生すればこの馬の前残りも期待できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です