秋華賞2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は秋華賞2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは京都競馬場で行われる芝2000m戦。

ついにデアリングタクトの登場です。

無敗の3冠牝馬誕生となるか?

鉄板級かもしれませんが、脚質的には後方待機なので2・3着ということも‥‥

そうなると馬券的には面白いですが。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

複勝率だけ見れば追い込み馬以外はどの脚質にもチャンスはありそうですが、勝ち数は差しが9勝という圧倒的数字。

そこで勝ち馬9頭の共通点を探してみると、9頭全てが当日4番人気以内 前走オークス・ローズS・紫苑S組

ちなみにレイパパレが6分の4の抽選を突破すれば、想定オッズ4番人気がマルターズディオサになっているがレイパパレが入れ替わると思います。

そこでレイパパレを4番人気と以内と想定するとウインマリリン・デアリングタクト・リアアメリアの3頭が前走オークス・ローズS組に属する。

更に差し馬と考えるとウインマリリンはまず先行策だと思うのでデアリングタクト・リアアメリアの2頭が残ります。

データから判断すると頭で狙うならこの2択でしょう。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

年によって傾向が変わっています。

2019年は稍重で母父ノーザンダンサー系が独占、2017年は重馬場でハービンジャー産駒が1・3着で父か母父にノーザンダンサー系を持つ馬が多く活躍しています。

これが良馬場の2015・2016・2018年だとディープインパクト産駒やミスプロ系産駒が活躍しています。

 

今回の推奨血統は

 

良馬場なら

父に

・ミスプロ系

・ディープインパクト

 

今回の該当馬は

オーマイダーリン
サンクテュエール
ソフトフルート
パラスアテナ
マジックキャッスル
ミスニューヨーク
ミヤマザクラ
リアアメリア
レイパパレ

 

以上9頭です。

ザダルは出走回避しています。

 

稍重以上なら

父or母父に

・ノーザンダンサー系

 

今回の該当馬は

クラヴァシュドール
レイパパレ

 

以上2頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走重賞で4着以内且つ4番人気以内 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

マルターズディオサは5番人気以下、レイパパレを4番人気以内と想定して、今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

デアリングタクト
リアアメリア

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

このレースで穴をあけるのは基本的に前走ローズステークス組が多い。

その前走は春から減り続けた馬体重を戻してきて、今回はひと叩きして前進が見込めそう。

週末の天気も現時点では崩れる可能性があるので、母父ノーザンダンサー系の血を持つこの馬に期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です