新着エントリー

目黒記念2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは東京競馬場で行われる芝2500m戦。

現在5年連続で圏内馬3頭中2頭が5番人気以下馬という大荒れハンデ重賞。

高配当という意味でならダービーよりこのレースの方が面白い。

昨年は15番人気アドマイヤアルバが3着に入るなど、まともに馬柱を見ていたら当たりません。

短所は無視して、その馬の長所が一つでもあれば人気薄でも狙っていけるそんなレースではないでしょうか。

難解なレースなのは承知ですが非常に楽しみです。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ馬の好走例は無し。

逆に後方勢で8勝、上り3位以内で8勝というデータを見ると末脚勝負のレースだということが分かります。

まず差し・追い込み馬 又は 上り3位以内で勝った馬を調べてみると過去10年の勝ち馬10頭中9頭がこのどちらかになります。

そこでこの9頭の共通点を調べてみると…

 

① 近2走中4角3番手以内で上り3位以内 且つ 1着の経験あり
② 近2走中2500m以上の重賞で上り2位以内
③ 2戦連続上り最速で1着
④ 近5走以内でG1で上り2位以内 

 

この4つの①or②or③or④の条件どれかに該当します。

この条件に該当する馬は

 

アサマノイタズラ
パラダイスリーフ
ボッケリーニ
マカオンドール
ランフォザローゼス

 

以上5頭です。

 

次いで全体の3分の2弱を占める差し馬に注目。

1着馬は先ほど調べたので2・3着に入った13頭を見てみるとその全馬が…

 

① 前走OPクラスで上り3位以内 且つ 3着以内
② 近4走以内に2400m以上の重賞で上がり3位以内 且つ 5着以内
③ 近4走以内に2200mのG2戦で上り3位以内 且つ 4着以内

 

上記の4頭と除外対象馬を除いて、この条件①or②or③に該当する馬は

 

ウインキートス
ディアマンミノル
フライライクバード

 

以上3頭です。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬は15番ゲートまで。

そして複勝率では14番ゲート以内までが安定しています。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ても同じように外枠が不利ですね。

15番ゲート以降からは好走馬無しです。

 

上記のデータを考以降不利慮して

 

15番ゲー以降不利

 

と判断します。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト
・トニービン内包種牡馬
・ステイゴールド系

です。

好走馬は大体この3パターン。

昨年はディープインパクト産駒こそ来ませんでしたが、トニービン内包種牡馬のハーツクライ産駒とステイゴールド系が好走しています。

 

除外対象馬を除く今回の該当馬は

 

ウインキートス
シルヴァーソニック
ディアマンミノル
トラストケンシン
バジオウ
パラダイスリーフ
プリマヴィスタ
ベスビアナイト
マカオンドール

 

以上9頭です。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 斤量54キロ以上
② 前走G2以上出走馬で3着以内 or 1番人気
 前走3勝クラス~G3出走馬で2着以内or2番人気以内 且つ 上り4位以内

 

この条件で毎年必ず1頭以上は好走馬が出ています。

想定4番人気以内馬で上記の条件①+②or③に該当する馬は

 

ボッケリーニ

 

以上1頭です。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青・緑・オレンジ色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走G1出走馬を除く7歳以下
② 前走距離2400m以上
③ 前走G1出走馬
④ 前走G2・G3で6番人気以内or6着以内
⑤ 前走メトロポリタンステークスで上り7位以内
⑥ 前走メトロポリタンステークスを除くOP戦・3勝クラスで6番人気以内で5着以内 且つ 上り3位以内or4角3番手以内

 

かなり条件がゴチャゴチャしてしまいましたが、予想できないような穴馬が突っ込んでくるレースなので、そこから共通項を探すのは非常に難しかったです。

この条件で穴馬が絡んだ9年中8年で好走馬が出ています。

除外対象馬を除く想定5番人気以下馬で上記の条件①②+③or④or⑤or⑥に該当する馬は

 

アサマノイタズラ
ウインキートス
ゴールドギア
ディアマンミノル
パラダイスリーフ
フライライクバード
ベスビアナイト

 

以上7頭です。

5番人気以下の穴馬が来た9年中5年で二桁人気馬が絡んでいます。

上記の7頭でゴールドギア・ディアマンミノル・ベスビアナイトが想定二桁人気。

大穴で狙うならこの3頭のどれか1頭くらいは買い目に入れてみようかなと思案中です。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は過去10年の5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は12,4%です。

 

・斤量51キロ以下(0・0・0・8)複勝率0%
前走G1出走馬を除く8歳以上(0・0・0・18)複勝率0%
前走G1出走馬を除く中18週以上(0・0・0・11)複勝率0%
・前走敗戦馬の着差2,0秒以上(0・0・0・16)複勝率0%
・前走1800m以下(0・0・0・5)複勝率0%

 

とにかくバカ荒れするレースなので今回は大したデスデータがありませんでした。

なので殆どの馬がこの条件をクリアしているので、逆にこのデスデータを全て突破できなかった馬を載せておきます。

 

マイネルウィルトス

 

以上1頭です。

脱落項目は前走G1出走馬を除く中18週以上でこの馬は中19週となります。

でも大した差じゃないですね(;^_^A

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

脚元の不安で出世が遅れているが、全兄に重賞2勝馬ゼーヴィントがいる。

血統傾向・脚質傾向・穴馬消去法推奨馬で、おまけに鞍上も文句なし。

デビュー以来一度も圏内を外したことがなく、格上挑戦ではあるがこの馬の父の産駒は昇級の壁はあまり関係ない。

勢いづいてきた今ならあっさり勝利しても驚かない。

 

(B) ウインキートス

近走惨敗続きだが前年覇者。

近走の成績を見ると想定オッズほど人気は無いのではないか。

昨年はかなり展開に恵まれた部分はあるが、今年のメンバーを見ると先行勢手薄で昨年の再現もあり得そうなメンバー構成。

あとは何としても内枠が欲しいですね。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。