新着エントリー

毎日杯2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは阪神競馬場で行われる芝1800m戦。

現在4年連続で4番人気以内馬の圏内独占。

過去10年で8番人気以下の好走例無し。

どう考えても高配当が期待できるレースではなく、いかに点数を絞って当てるかというレース。

昨年は極限まで絞った3連単穴馬3着固定の2点勝負をしたが、結果は惜しくも1・2着が逆でした。

要はこれくらい絞らないと一撃回収は望めないということ。

今年も無難に300~400%くらいではなく、「目指せ回収率1000%超え!」で狙っていきます。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

なぜかPCでみると11番人気以降のディープレイヤー・デリカダ・ベジャール・ブルーグロットの名前がありませんが登録馬は14頭です。

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると先行~追い込みまで複勝率は同程度だが、普通のレースと違うのは追い込み馬の成績。

追い込み馬がここまで好成績なレースは稀なこと。

このレースは後方勢有利なレースと言えます。

よってまず追い込みと上り1・2位の馬で圏内に入った馬計17頭の中で特に好走率が高い条件を探して見ました。

 

① 当日4番人気以内馬で前走芝の1勝クラスで1着 且つ 上り1位(該当馬4頭中4頭圏内)
② 前走重賞で4番人気以内で3着以内 且つ 上り2位以内(該当馬5頭中5頭圏内)

 

①条件では当日4番人気以内の馬という縛りがありますが、②の条件では縛りはありません。

2017年に7番人気のキセキが好走しています。

とは言っても1頭だけですが(;^_^A

 

上記の条件に該当する馬は

 

テンダンス
ドゥラドーレス

 

以上2頭です。

今年は残念ながら②の条件に該当する馬はいませんでした。

 

次に一応先行馬の成績も悪くはないので、先行馬の好走条件を調べてみました。

圏内に入った馬は10頭いますが、その中で好走率が非常に高い条件は以下の通り。

 

① 前走重賞で初角4角共に6番手以内 且つ 上り6位以内で6着以内(該当馬6頭中4頭圏内)

 

上記の条件に該当する馬は

 

該当馬無し

 

以上0頭です。

今回の前走重賞組は惨敗馬が多くデータにマッチする馬がいませんでした。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると6番ゲート内に好走馬が密集しています。

基本的に少頭数のレースなので一桁番に好走馬が多く集まるのはわかるが、それでも6番ゲート内で7勝、複勝率もかなり高い数字をキープしています。

 

今度は4番人気以下限定の枠順傾向です。

昨年までは5番人気以下を穴馬として扱っていましたが、このレースは基本的に少頭数で堅いレースが多い。

よってこのレースは今回に限り穴馬は4番人気以下とさせて頂きます。

 

 

穴馬で見るとこちらも6番ゲート内に好走馬が集まっています。

外枠も来ているが、ポツンと2頭がいるだけ。

少頭数のレースではあるが、4番人気以下を穴馬として見ると昨年以上に内有利な傾向に変わりました。

上記のデータを考慮して

 

1~6番ゲート有利

 

と判断します。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト

です。

もう完全なディープインパクト祭りです。

上位人気であれば無条件で押さえておくべきでしょう。

 

今回の該当馬は

 

コマンドライン
リアド

 

以上2頭です。

ちなみにディープインパクト産駒以外で圏内に入った馬はランスオブプラーナ・ブラストワンピース・インディチャンプ・キセキの4頭がいます。

ただキセキの場合は母父ディープインパクトです。

そうなると父or母父がディープインパクトではない馬は3頭だけ。

ブラストワンピース・インディチャンプに共通する点は母父にキングカメハメハ系

ランスオブプラーナ・ブラストワンピースに共通する点は父ノーザンダンサー系

もしディープインパクト産駒以外で注目するならここ辺りかも?

 


消去法データ 」

先程も言いましたがこのレースはとにかく堅いので4番人気以降を穴馬として扱います。

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~3番人気の上位人気馬消去法4番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は3番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走1勝クラス以上
② 前走3番人気以内 且つ 上り3位以内or4角4番手以内

 

この条件で毎年必ず好走馬が出ています。

想定3番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ドゥラドーレス
リアド

 

以上2頭です。

前走G1で1番人気を背負い大惨敗したコマンドラインが消えました。

戦ってきた相手を考えるとメッキが剥がれてきたという感じはするのですが、ディープインパクト産駒は侮れないからな…

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は4番人気以下馬で、赤・青・緑色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1600m以上で4角2番手以下
② 前走重賞出走馬は5着以内
③ 前走1勝クラス出走馬は2着以内or2番人気以内 且つ 上り3位以内
④ 前走新馬・未勝利組は1番人気で1着 且つ 上り1位

 

穴馬が来た年は計8年ありますが、この条件で8年好走馬が出ています。

想定4番人気以下馬で上記の条件①+②or③or④に該当する馬は

 

デリカダ
ピースオブエイト

 

以上2頭です

デリカダは2戦ともダートしか走っていませんが、2013年にガイヤースヴェルトが好走した例がありますので残しました。

まあ出走しないとは思いますが…

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は4番人気以下限定のもので、このレースの4番人気以下馬の複勝率は10,6%です。

 

・斤量57キロ(0・0・0・5)複勝率0%
・キャリア6戦以上(0・0・0・28)複勝率0%
・前走間隔中7週以上(0・0・0・27)複勝率0%
・前走6着以下(0・0・0・13)複勝率0%
・前走敗戦馬の着差1,0秒以上(0・0・0・8)複勝率0%
・前走1勝クラス以下で4番人気以下・重賞で9番人気以下(0・0・0・35)複勝率0%
・前走から斤量増(0・0・0・10)複勝率0%
・前走馬体重470~499キロ以外(0・0・0・48)複勝率0%
・前走新馬戦・未勝利戦(0・0・1・19)複勝率5,0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

テンダンス

 

以上1頭です。

順当に4番人気想定のこの馬だけが残ってしまった。

デスデータには入れませんでしたが、このレースの穴馬は関東馬の好走率が非常に高く、関西馬の好走率が非常に低いです。

関東馬(2・2・1・11)複勝率31,3%に対し、関西馬(0・0・4・64)複勝率5,9%です。

関西馬の圏内馬が4頭もいるのでデスデータには入れられませんでしたが、関東馬は要注意かもしれません。

アケルナルスター・ディープレイヤー・ブルーグロット・ベジャール・ホウオウプレミアが4番人気以下想定の関東馬です。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

今回は穴馬を4番人気以下としているので、2頭穴馬を上げるとするとまずはテンダンスになってしまいます。

だが4強の一角を挙げても面白くないので、今回はこの馬を挙げます。

2戦連続上り最速勝利で、しかも前走は長期休養明けでの勝利。

2戦のキャリアで負かした中には京成杯3着ヴェローナシチーや共同通信杯4着のジュンブロッサムもいる。

デスデータの項目でも脱落したのは前走馬体重470~499キロ以外という項目だけで、それでも前走馬体重は僅かに2キロ足りない468キロで準デスデータ突破馬。

決め手もあり同コースも経験済でまだ底が見えていない魅力があり、テンダンス以外で狙うなら迷わずこの馬ですね。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。