毎日杯2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は毎日杯2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

今回は回避馬が出て結局9頭立て。

いつもなら枠順で有利不利な馬を軽く書いてますが、9頭立てということであまり意味はないでしょう。

よって今回は省略します。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指していますが、今回は完全に3強オッズ。

人気馬の扱いは上位3頭とします。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
7枠7番グレートマジシャン

(2着)
6枠6番シャフリヤール

(3着)
穴馬(C)(D)

各1200円×2点

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのはグレートマジシャン。

とにかく毎日杯と言えばディープ産駒祭り。

 

決してシャフリヤールより断然上とは思っていませんが、回収率を考えると頭はどちらかしか選べない。

そうなると無敗で底を見せていないディープ産駒に魅力を感じます。

さらにこのレースの1番人気の信頼度は極めて高く、鞍上ルメール騎手となればやはりこちらを選びたい。

 

相手もやはり同じくディープ産駒で重賞級の能力は実証済みのシャフリヤール。

 

回収率を上げるため今回はルペルカーリアを切りました。

母シーザリオで血統的には魅力ですが、父モーリス産駒となると成長曲線が上記2頭より緩やかな可能性あり。

新馬戦敗退で未勝利を勝ち上がったばかりでこの人気となると‥

決して足りない馬ではないが、一撃回収を狙うにはこの馬を消すしかありません。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

もっと人気になると思ったが、このくらいの人気なら狙ってみたい。

買い材料は一つだけ。

底が見えていないディープ産駒。

(D)

基本的に上り勝負の傾向が強いレース。

出遅れ癖が気になるが、そのかわり決め手は十分。

まともにスタートさえ決めてくれれば3着くらいなら可能性ありだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です