新着エントリー

東海ステークス2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


本命馬や軸馬は上位人気馬から選ぶが、「どうしてもこの馬しか考えられない」という時以外は1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定か軸固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

 

そして今回は3連単で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の1着固定馬は

 

2枠3番アイオライト
6枠11番オーヴェルニュ

 

1月開催となってからの過去9年の1着馬を見てみると、荒れるレースではあるが1着馬に限っては過去10年全て4番人気以内馬。

そしてその4番人気以内馬の内訳だが

 

・前走G1で5着以内馬が4勝(その内3勝が3着以内)
・その他で5勝

 

過去9年の前走G1出走馬で6着以下から1着になった馬はいない。

オーヴェルニュは前走チャンピオンズカップ6着、サンライズホープは15着。

単純に着順だけで評価できるものではないが、高配当を狙うにはこういうデータも大事だと思っている。

 

以上のような理由でまず前走G1組以外からで1着固定1頭目はアイオライト

今回サルサディオーネが出走しなくなったことによりこの馬の単騎逃げが濃厚。

しかも絶好枠を引いた。

マイル以下しか使われなかった馬が、1700・1800mと距離を伸ばしてから一変。

鞍上も福島記念でパンサラッサの逃走劇を演出した菱田騎手。

1発ありそうです。

 

1着固定2頭目はオーヴェルニュ

「おい!さっき1着は無いみたいなこと言ってただろ」みたいな突っ込みは許してください(-_-;)

本当ならブルベアイリーデを狙うつもりだったが成績の悪い外枠に入ってしまった。

二桁番ゲートに入ると極端に成績が落ちる。

 

よって選ぶならオーヴェルニュかサンライズホープなのだが、基本的に1番人気は敬遠するのが基本で、そうなるとサンライズホープを選ぶことになる。

ただこの2頭のどちらを1着固定にしてもあまり配当は変わらないんですよね。

1番人気を嫌う理由はあくまで高配当狙いだからであって、どちらでも変わらないのであれば純粋に1着に来そうな方を選びたい。

その結論がオーヴェルニュ。

サンライズホープは内枠に良績がなくベストは中枠。

内枠に入るよりマシだが、いくらなんでも大外枠は歓迎できない。

それならば中京巧者で枠順も特に問題ないこの馬を選びたい。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(3連単)

(1着)
2枠3番アイオライト
6枠11番オーヴェルニュ

 (2・3着)
2枠3番アイオライト
6枠11番オーヴェルニュ
8枠15番サンライズホープ
7枠13番ブルベアイリーデ

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

◉→◉〇⇔★ 各100円×36点=3600円

(計3600円)

 

対抗馬はやや外目の配置ではあるがサンライズホープ

今回は前走明らかに太目だった馬体も絞れていそうで、スンナリ先行できるようであれば圏内は十分ある。

 

そしてもう1頭も枠順は気になるがブルベアイリーデ

1800m戦のキャリアは1戦だけだが、その時はぶっちぎりで勝利。

今回鞍上がデムーロ騎手に戻るのでそこにも期待。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

1月開催となってからの過去9年で5番人気以下の穴馬が来た年は計6年あるがその6年全ての年で8番人気以下の馬が必ず馬券になっている。

また過去20年で見ても5番人気以下の穴馬が来た年は計16年。

その16年中13回は8番人気以下の馬が馬券になっている。

そのような理由から8番人気以下でこの馬を狙ってみた。

前走は59キロの酷斤量、それ以前も斤量で泣かされている。

今回は昨年の東海ステークス以来の斤量56キロでその時は6着。

展開待ちの馬だが流れてくれればチャンスはある。

 

(D) ?????

近2走を見る限り連続好走している要因はスタートが安定してきていることだと思う。

もしかしたら前走騎手の方が手が合ってる気もするが、今回の鞍上は頼もしいリーディング上位騎手。

昨年は泥んこ馬場で今回とは条件が違うが、同レースで惜しいところまで詰め寄った。

今回もスタートさえクリアすれば面白いと思う。

 

(E) スワーヴアラミス

当初プリティーチャンスを狙っていたが、この馬がこの人気で買えるなら狙ってみたい。

正直近2走は以前のような先行策が使えてないので物凄く不安。

それでもチャンピオンズカップ8着ならこのメンバーで穴馬としてなら十分狙う価値がある。

本来なら先ほど書いた8番人気以下からもう1頭選びたかったが、お買い得なこの馬を狙ってみる。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。