東京新聞杯2021予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は東京新聞杯2021の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦。

今年の想定上位人気馬を見ると、出遅れ癖のある馬・ピークを過ぎた馬・鞍上で過剰人気の馬・不振の7歳以上馬など荒れる要素は十分で楽しみな1戦です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

複勝率でみると逃げ~追い込みまでどこからでも勝負になりそう。

ただ単純な圏内馬の数で見ると、差し・追い込みが圏内馬30頭中20頭います。

そうなると上りに注目したいのですが、意外にも上り1位の成績はそれ程良い訳でもなく、ソコソコの上りが使える馬が良いのかもしれません。

 

次いで今年の出走馬の近走3走の脚質を見ると、まず前走逃げたのはエントシャイデンのみ。

近3走中2回以上逃げ・先行策を取った馬は除外対象のプロディガルサンを除くとカラテ・ダイワキャグニーだけ。

展開面と傾向を考えると今年は先行勢有利か?

差してきても先行勢のすぐ後ろで構えられそうなチョイ差しタイプが良いかもしれない。

先ほど言ったソコソコの上りが使える馬というのがまさにしっくりくる。

 

前有利でフルゲートだと仮定すると、4角10番手以下で競馬をしそうな馬には厳しいのではないだろうか。

個人的な見解ではエメラルファイト・カテドラル・サトノインプレッサ・サトノウィザード・トライン・ロードマイウェイ辺りは後方待機組ではないかと思う。

ここ辺りは穴狙いでも避けたいですね。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト
・ハーツクライ
・ステイゴールド
・キングカメハメハ
・ロベルト系

です。

好走馬をみるとほとんどクラシック血統の種牡馬だらけ。

その中でもやはり抜けているのはディープインパクト産駒ですね。

 

今回の該当馬は

 

エントシャイデン
カテドラル
サトノアーサー
サトノインプレッサ
シャドウディーヴァ
ダイワキャグニー
トライン
プロディガルサン
ヴァンドギャルド

 

以上9頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 前走G1出走馬or2着以内or2番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ヴァンドギャルド
ヴェロックス

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

あまり妙味がある馬ではないですがコース実績もあり、2走前は離されたとはいえ有馬記念2着馬サラキアの2着。

得意の左回りで、今回は久しぶりに昨年同レース2着時と同じ鞍上と再コンビ。

近走は後方一辺倒ではなく中団くらいでも競馬ができるようになったので、その点も評価しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です