新着エントリー

東京スポーツ杯2歳ステークス2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回は東京スポーツ杯2歳ステークス2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは東京競馬場で行われる芝1800m戦。

今年からG2戦に格上げされた重賞です。

過去の好走馬を見ても後のG1馬が何頭もいて、素質馬が数多く集まるレース。

そのような理由で荒れにくいレースではありますが、過去傾向から見ても穴の3着狙いなら十分あり得る。

そこに期待して高配当を狙っていきたいと思います。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬は逃げ馬以外の先行・差し・追い込みで5勝・2勝・3勝となっている。

勝率では先行馬が優勢だが、複勝率では先行~追い込みまでほぼ互角。

そこで今回は先行~追い込みの勝ち馬に注目してみました。

 

過去10年で勝利した10頭中9頭に該当する条件は

 


①前走4角2番手以下で
前走1着 且つ 上り2位以内
②前走未勝利戦を除く距離1800m

 

今回これに該当するのはアルナシーム・イクイノックス・グランシエロ・スカイフォール・レッドベルアームの5頭です。

 


次は枠順傾向です。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬は6番ゲート内で8勝挙げているので、頭狙いなら内枠ですね。

ただ複勝率では15番ゲートからでも好走馬がいるので外枠だからと言ってそこまで割り引くことも無さそう。

ただ10番ゲートまでが比較的好成績ではあります。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると内か外かとやや極端ではありますが、決定的に不利だと言えるゲートはないと思います。

 

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト

又は

母父に

・ノーザンダンサー系

又は

・トニービン内包馬

です。

今年は残念ながらディープインパクト産駒の出走馬は無し。

このレースはとにかくディープインパクト産駒の独占状態なので、そのディープインパクト産駒がいないとなると傾向は掴みにくい。

ただ昨年はトニービン内包馬のワンツースリーフィニッシュで2016年にはトニービン内包馬のスワーヴリチャードも好走しています。

また母父ノーザンダンサー系の好走率が非常に高いレースでもあります。

 

今回の該当馬は

 

アサヒ
イクイノックス
グランシエロ
スターズオンアース
ダンテスヴュー
テラフォーミング
テンダンス
レッドベルアーム

 

以上8頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走未勝利戦以外の阪神・京都・東京コース出走馬or重賞出走馬
② 前走2着以内 且つ 上り2位以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

レッドベルアーム

 

以上1頭です。

今年は京都競馬場改修工事のため、前走京都開催出走馬はいません。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走距離1600m以上
② 前走3着以内
③ 前走上り2位以内or4角3番手以内
④ 関東馬 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で7回。

そしてその7回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アサヒ
グランシエロ
スターズオンアース
テラフォーミング

 

以上4頭です。

このレースで穴馬が来る時はとにかく関東馬です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。


最後にこのレースにおける極めて好走率が悪いデスデータを調べてみました。

今回は5番人気以下限定です。

 

・関西馬(0・0・0・25)複勝率0%
・前走間隔中2週以下(0・0・0・11)複勝率0%
・前走4着以下(0・0・0・21)複勝率0%
・前走敗戦馬の着差0,3秒以上(0・0・0・22)複勝率0%
・前走馬体重500キロ以上(0・0・0・9)複勝率0%
・前走新馬・未勝利クラスで3番人気以下馬(0・0・0・15)複勝率0%
・前走1勝クラス(0・0・0・17)複勝率0%
・前走新潟コース出走馬(0・0・0・17)複勝率0%
・前走距離1400m以下(0・0・0・5)複勝率0%
・キャリア5戦以上(0・0・0・5)複勝率0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

アサヒ
スターズオンアース

以上2頭です。

ただスターズオンアースは赤松賞にも登録があり、想定騎手も未だ未定。

赤松賞には石橋修騎手の名前が載っているので多分回避でしょう。

ということで実質デスデータ突破馬はアサヒだけとなります。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) アサヒ

新馬戦で2着に敗れたが相手は札幌2歳ステークス覇者ジオグリフ。

その時の3着馬アスクビクターモアもアイビーステークスで1番人気3着。

メンバーレベルはそれなりに高かった。

前走は同コースで完勝。

血統傾向・穴馬消去法・デスデータ突破馬でもあり見所がありそうです。

 

(B) ?????

血統傾向・穴馬消去法で推奨した馬。

この馬の不安材料はデスデータで紹介した前走人気薄からの好走がないという点。

前走がメンバーレベルの低い中での勝利ならデスデータも重視したいが、新馬戦では前評判の高かったチェルノボーグを破り、その時の3着馬も既に未勝利を脱出している。

今回も想定オッズでは全く人気がないようなので、それならば狙ってみる価値はありそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です