札幌2歳ステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は札幌2歳ステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは札幌競馬場で行われる芝1800m戦。

近2年は5番人気以下が1着となり、決して上位勢が安泰と言えるレースでもない。

穴馬の付け入る隙は十分ありそうです。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が2013年の函館開催を除く過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると先行馬とマクリの好走率が目立ち、次いで差し馬。

そして上り1位の馬の複勝率が90%近くあります。

 

今回は上り1位の馬に焦点を当てて調べてみました。

圏内に入った馬は8頭いますが、この8頭中7頭に共通する条件は

 

前走新馬 又は OPで3番人気以内で1着 且つ 新馬なら上り1位、OPなら上り2位以内

 

これに該当する馬はソダシ・バスラットレオン・ピンクカメハメハ・ヴェローチェオロの4頭です。

特にソダシ・バスラットレオン・ピンクカメハメハの3頭は想定1~3馬人気の3頭。

人気馬から入るならこの3頭から選ぶのが無難かもしれません。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ステイゴールド系
・ノーザンダンサー系

 

又は

 

・ロベルト内包馬
・トニービン内包馬

 

です。

特に近年はステイゴールド系種牡馬の活躍が顕著です。

 

今回は該当馬が多いので非該当馬を載せます。

今回の該当馬

 

ウイングリュック
カガフラッシュ
バスラットレオン
ピンクカメハメハ

 

以上4頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

2013年の函館開催を除く過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走函館・札幌組
② 前走コスモス賞1着馬又は前走1番人気且つ1着馬
③ 前走距離1800m
④ 前走上り2位以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年(開催数は9回)で7回。

そしてその7回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は6回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

バスラットレオン

 

以上1頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

強行軍だが、父はステイゴールド系のゴールドシップ。

また脚質傾向でも紹介した馬。

更に前走は重馬場で勝利しており、現時点での土曜の天気は雨模様。

出走して来れば面白いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です