日本ダービー2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回は日本ダービー2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは東京競馬場で行われる芝2400m戦。

注目は無敗でダービー制覇を狙うエフフォーリア。

 

そして数あるお手馬からルメール騎手が選んだ牝馬のサトノレイナス。

当初からマイルは短いなんてことを言われていたが、オークスならかなりの確率でチャンスがあったはず。

それでもダービーを選択したとなると牝馬だが軽視できない存在かもしれません。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると全体の8割が先行・差し馬。

ただ年によって前残り決着もあれば、差し決着もありでバラバラ。

 

だがどの年でも多く共通して言えるのは

前走初角10番手以下or4角10番手以下から圏内に入った馬は13頭中11頭が当日3番人気以内。

極端な後方待機馬は人気馬しか買えないということがわかります。

後方待機馬でこの条件に合致しそうな馬はサトノレイナスだけ。

逆にヴィクティファルス・ヨーホーレイク・ステラヴェローチェ・ディープモンスター等はこの条件に合致しない差し・追い込み馬で疑わしい部類に入ります。

 

そして上記で述べた圏内に入った後方待機馬13頭を除く圏内に入った17頭中15頭は前走4角5番手以内でした。

これに該当する馬はエフフォーリア・シャフリヤール・タイトルホルダー・バジオウ・バスラットレオン・レッドジェネシス・ワンダフルタウンの7頭。

エフフォーリアとシャフリヤールは人気馬ですが、穴馬を狙うならこの2頭を除く5頭から狙ってみるという手もありだと思います。

 


次は枠順傾向です。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

ダービーというと昔から1番ゲートが反則的に有利ですが、近5年で見ても複勝率は相変わらず好成績。

ただ勝ち馬に関しては1番ゲートだけではなく5番ゲート以内までならほぼ互角。

6番ゲート以降を見ると15番ゲート以降はやや不振ですね。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると全体傾向と同じく内目が有利で7番ゲート以内に好走馬が多くいます。

 

上記のデータを考慮して

 

1~7番ゲート有利

15番ゲート以降不利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト
・ハーツクライ
・キングカメハメハ

です。

東京2400mと言えばグレイソブリン=トニービン内包馬が多く活躍していますが、その多くは父ディープインパクト・ハーツクライと重複しています。

今回の登録馬からグレイソブリン=トニービン内包馬だけに焦点を当ててピックアップすると対象馬を絞り切れなくなるので敢えて外しました。

 

今回の該当馬は

 

グラティアス
グレートマジシャン
サトノレイナス
シャフリヤール
ディープモンスター
ヨーホーレイク
レッドジェネシス
ヴィクティファルス

 

以上8頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走皐月賞で5着以内 且つ 上り4位以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

エフフォーリア

 

以上1頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走皐月賞で4番人気以内
② 前走青葉賞・京都新聞杯で2着以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アドマイヤハダル
レッドジェネシス
ワンダフルタウン
ヴィクティファルス

 

以上4頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ワンダフルタウン

前走は戦ってきたメンバーが弱いという理由でそこまで評価していなかったが、休み明けながらキングストンボーイを撃破。

今回は評価を改めたい。

叩いた上積みもあり、今回のメンバーでエフフォーリアを除けば重賞を2回勝っているのはこの馬だけ。

(B) ?????

先週くらいまでの想定騎手は岩田望来だったのが、ここへきて想定騎手が変わり超鞍上強化。

今回の想定騎手とこの馬とは手が合わないという人も多くいると思いますが、この鞍上なら普段よりもう一列前で競馬をしてくる可能性が高そう。

今まで後方一辺倒で届かずの競馬だったのなら、今回の鞍上で新しい一面が引き出せるかもしれない。

そして他にも買い要素は多く、父ディープインパクト、デビュー以来5戦連続上り最速、重賞実績も十分、ダービーでは好走率が非常に高い馬体重500キロ以上。

当初は武騎手に捨てられた馬という時点で即消し候補でしたが、これだけ材料が揃ったのならば穴馬候補の1頭としては残しておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です