新着エントリー

新潟2歳ステークス2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 前走1着
② 前走距離芝1400~1600m
③ 前走上り2位以内

④ キャリア2戦以内
⑤ 前走2着馬との着差0,1秒差以上
⑥ 前走馬体重444キロ以上
⑦ 前走間隔中3~12週

 

共通事項を挙げるとすればこんなところでしょう。

そしてなんと上記の条件から残った馬はいませんでした…全滅です。

こういうことからも今年は大混戦なことが伺えます。

ですが減点項目が1つだけだった馬を挙げると以下の5頭になります。

 

アイスグリーン(前走距離1800m)
グラニット(前走距離1800m)
シーウィザード(前走距離1800m)
スタンレー(前走ダート戦)
ロードディフィート(前走馬体重444キロ以下)

 

全項目を突破した馬がいない以上、最も減点項目が少なかったこの5頭から軸馬を選びます。

 

まずこの中から消すとすれば異例と言える前走ダート+笠松からの挑戦であるスタンレー。

軸にするにはリスクが大きすぎる。

 

ということでアイスグリーン・グラニット・シーウィザード・ロードディフィートの4頭から選びたいと思います。

まず注目したのが前走新馬組か未勝利組かということ。

過去10年の1着馬で未勝利組から1着になった馬は3頭だけ。

そしてその3頭はいずれも新馬戦では3着以内でした。

残った4頭の中でアイスグリーン・グラニット・ロードディフィートの3頭は前走未勝利組。

よって以下の条件を追加します。

 

⑧ 前走未勝利組勝馬は新馬戦で3着以内

 

この条件で残ったのはグラニット・シーウィザード・ロードディフィートの3頭。

まだ2頭にまで絞り切れない(-_-;)

よって新たにこの条件を追加します。

 

⑨ 当日3番人気以内

 

あまり人気だけで軸を決めたくなかったですが、過去10年の勝馬は全て3番人気以内

この条件で残ったのは現時点のオッズを見るとシーウィザードだけとなってしまいました。

総合オッズを見てもシーウィザード・ウインオーディン・アイスグリーンの3番人気以内は揺るがないと思います。

よって今回は2頭軸の予定でしたがシーウィザードの1頭とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としていますが、今回は3600円とします。

(3連単)
7枠8番シーウィザード
2枠2番ロードディフィート
7枠9番ウインオーディン

8枠10番アイスグリーン
穴馬(C)

◉→〇⇔★各300円×6点=1800円
〇→◉⇔★各300円×6点=1800円
(計3600円)

 

今回の上位人気馬はかなり小粒ではあるが、下位人気馬も負けず劣らず小粒。

それならば素直に対抗馬は上位人気馬へ流すのがベストだと思い、ロードディフィート・ウインオーディン・アイスグリーンとした。

 

穴馬に関しても正直買いたい馬が殆どいないので、週中穴馬候補馬1頭だけとして少点数勝負です。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(E) ?????

今回の下位人気馬は前走短距離戦やダート戦や連闘などの馬が多く、過去のデータと照らし合わせるとこの馬が一番多くの好走条件に合致する。

前走も完勝していて上位人気馬も微妙なので、圏内の可能性は十分あると思います。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。