平安ステークス2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回は平安ステークス2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは中京競馬場で行われるダート1900m戦。

注目は1番人気想定のアメリカンシード。

前走は初重賞挑戦ながら単勝オッズ1.4倍と断然人気で大惨敗。

理由は落鉄らしいが、それでもあそこまで大敗するだろうか?

また今回も抜けた人気になるようなら、ちょっと危険な人気馬かもしれません。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

今年は中京開催となっているので、中京競馬場改修工事後の2012年以降、1勝クラス以上の脚質傾向を調べました。

 

 

これを見ると勝率・複勝率ともに逃げ・先行・捲りが圧倒的有利です。

言えるのはとにかく4角でなるべく前に付けておくこと。

中京の最後の直線は長いですが、傾向的には前有利ですね。

枠順にもよるが、近走や前10走くらいまで調べてみると先行力のありそうな馬はアメリカンシード・オーヴェルニュ・スワーヴアラミス・ペオース・マスターフェンサー・ロードブレス・ヴェルテックスの7頭。

除外対象馬は入れてません。

この中で逃げ候補はアメリカンシードかペオースか。

ただどちらも何がなんでも逃げるというタイプでもなく、そこまで先行激化しないようなら傾向通り前重視で考えたい。

 


次は枠順傾向です。

こちらも同じく中京競馬場改修工事後の2012年以降、1勝クラス以上の枠順傾向を調べました。

今回はフルゲートが濃厚なので16頭立て限定のデータです。

 

 

これを見ると複勝率では7枠・1枠・8枠の順で好成績。

内か外かという極端な配置が好走傾向にあります。

ただそれ以外の枠が極端に悪いというわけでもありません。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると4枠・8枠の成績が落ちますね。

ただ大外枠だけ成績が悪いなら納得いきますが、4枠が何故か不振。

 

8枠に関しては判断が難しいですが、上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利なし

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

こちらは2016年以降の同コースで1勝クラス以上、サンプル数10レース以上で複勝率30%以上の種牡馬を調べました。

傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・キンシャサノキセキ
・ゴールドアリュール
・マンハッタンカフェ
・ジャスタウェイ
・ロージズインメイ
・ステイゴールド
・カネヒキリ
・ルーラーシップ
・キングカメハメハ

です。

あくまで参考程度かもしれませんが、記憶の片隅にでも留めてて下さい。

 

今回の該当馬は

 

サクラアリュール
マスターフェンサー
ヴェルテックス

 

以上3頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

開催時期変更と距離が現在の1900mになってからの過去8年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走2着以内
② 前走4角4番手以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去8年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

マルシュロレーヌ

 

以上1頭です。

データ的にはこの馬1頭だけになってしまいましたが、この馬が近6走で4角4番手以内だったのは前走だけ。

脚質傾向でも書きましたが、今回のメンバーだと前目に付けられるかどうか…

 

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去8年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走OPクラス以上
② 前走5着以内or5番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去8年で7回。

そしてその7回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アルドーレ
サクラアリュール
サトノギャロス
ペオース
ロードブレス

 

以上5頭です。

除外対象馬は入れてません。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ロードブレス

穴馬消去法で挙げた馬であり、先行力もある。

重賞実績も十分で堅実に圏内に入ってくる。

前回推奨穴馬として挙げて好走してくれた馬でもあるので今回もこの馬を推します。

(B) ?????

このレースは格上げ初戦馬の成績はかなり悪いが、近6走で5勝と勢いに乗っている上り馬。

それ以前も勝ち切れないがとにかく崩れない馬だった。

先行力もあり馬格も500キロ以上で十分。

正直鞍上は猛烈に不安だが、このコースは25戦して複勝率40%で得意としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です