小倉記念2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回は小倉記念2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは小倉競馬場で行われる芝2000m戦。

昨年こそ3連単100万馬券が出ましたが、ハンデ重賞の割には比較的堅めなレースが多い。

ハンデ戦だからと言ってあまり無謀な馬券は狙わず、中穴くらいを狙うのがベストだと思います。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると先行馬の成績が優秀ではあるが、逃げと追い込みの複勝率は大きく違わない。

また勝ち馬10頭の内8頭が上り2位以内ということも考えると、後方勢 又は 上りに注目すべきレースだと思います。

 

そこで今回は上りに注目しました。

上り3位以内で圏内に入った20頭の共通点を見てみると…残念ながら自分には多く共通する点は見つけられませんでした。

ただ見つけられないで終わってしまうと傾向分析にはならないので、サンプル数は僅かですが

 

・前走3番人気以内の牡馬
・前走
4角4番手以内で上り3位以内
・前走2着以内 且つ 2番人気以内

 

この条件に合致する馬は過去10年で4頭いて3頭が圏内です。

今回この条件に合致する馬はダブルシャープの1頭だけとなります。

 


次は枠順傾向です。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬が11番ゲート以内で8勝を挙げています。

また複勝率でも平均的に20%台をキープしているのは11番ゲート以内です。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると9番ゲート以内に好走馬が多くみられます。

 

上記のデータを考慮して

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト

又は

母父に

・ナスルーラ系

又は

・グレイソブリン内包馬

です。

ディープインパクト産駒はコンスタントに活躍馬が出いますが、他ではやはりハーツクライ産駒やルーラシップ産駒を代表とするグレイソブリン内包馬の活躍が目立ちます。

 

今回の該当馬は

 

スーパーフェザー
ヒュミドール
ファルコニア
ヴェロックス

 

以上4頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走芝2000m重賞出走馬

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

その9回中上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ショウナンバルディ

 

以上1頭です。

ファルコニアとヴェロックスが前走エプソムカップ組ですが、このレースをステップとして踏んできた馬は過去4頭しかいなく、しかも全馬当日5番人気以下。

しかしその内2頭が馬券に絡んでいます。

相性は抜群に良く迷うところですが、データ的にはやはり前走2000m組を重視しました。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走距離2000m以上 又は エプソムカップ組

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アールスター
イロゴトシ
ヒュミドール
モアナアネラ

 

以上4頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

この馬を推した理由はまず穴馬消去法で挙げた馬であること。

そしてこのレースは昇級戦の馬の複勝率が高く、頼れる鞍上が継続騎乗。

さらにハンデにも恵まれたとなれば買い材料は十分だと思います。

(B) アールスター

昨年は53キロで同レースを勝利したが、今年は56キロで斤量的には微妙。

ただ近走パッとしない戦績ながらも、小倉コースだけは善戦している。

想定オッズを見るとあまり妙味があるとは思えないが、小倉巧者ということを考えると押さえた方が良いかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です