小倉記念2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は小倉記念2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは小倉競馬場で行われる芝2000戦。

夏のハンデ重賞のイメージとは違ってバカ荒れはしないレースですが、今年は下位勢がなんとも貧弱。

堅く収まってしまうかもしれませんが、穴馬を探していきたいと思います。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

複勝率で見ると前有利と判断できそうですが、上りを見ると上り3位以内で9勝挙げている。

ただ先行馬が6勝挙げていることを考えると、一番の狙い目は先行出来て上りの脚を持っている馬ではないでしょうか。

そこである条件で好走率が高そうな馬をピックアップしてみました。

 

・前走4角4番手以内 且つ 上り3位以内 且つ 3着以内

 

この条件に合致する馬は過去10年で5頭いて3頭が圏内に入っています。

今年はこれに該当する馬が2頭いました。

その馬は

 

ミスディレクション
ランブリングアレー

 

特にランブリングアレーは勢いに乗ったディープインパクト産駒ということもあり、重視すべき1頭と考えています。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト
・ハービンジャー

・ステイゴールド

又は

・トニービン内包馬

 

です。

特に注目はトニービン内包馬ですね。

昨年も1・3着馬がトニービン持ちでした。

 

今回の該当馬は

 

サウンドバーニング
サトノガーネット
サトノルークス
サマーセント
ノーブルマーズ
ミスディレクション
レイホーロマンス

 

以上7頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走芝2000m重賞出走馬

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の該当馬は

 

サトノルークス
サマーセント

 

以上2頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

血統傾向で書いたトニービン持ちで、脚質傾向でも推した馬です。

あとは内枠配置でタニノフランケルさえ絡んでこなければ、ノーチャンスではないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です