小倉大賞典2021予想 人気馬・穴馬別過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事

今回は小倉大賞典2021の人気馬・穴馬別過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

よろしければこちらの記事もアップしていますので、ご覧ください

・フェブラリーステークス2021予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

・フェブラリーステークス2021予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

 

このレースは小倉競馬場で行われる芝1800m戦。

ハンデ重賞らしく良く荒れるレースで、近3年は二桁人気馬が連続で馬券になっています。

しかも1番人気馬は過去10年で2勝。

個人的には1番人気想定のポッケリーニは推しているのですが、この馬が消えたら配当的にも跳ね上がりそうですね。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると複勝率では逃げ・先行馬有利な傾向が出ています。

ただ差し・追い込みもソコソコ善戦しているので軽視は禁物。

 

勝ち馬を見ると逃げ・先行馬や上り最速馬が有力と判断できます。

そこで逃げ・先行馬・上り最速馬に注目したいと思います。

 

まずは上り最速馬候補と言えそうなのは近走の走りからしてカデナ・ドゥオーモ・ボッケリーニ・デンコウアンジュ辺りが有力所。

ただ過去10年で上り最速で圏内に入った6頭中5頭は4角9番手以下

そうなるとボッケリーニはさすがにこんな後ろでは競馬はしなさそう。

 

次いでカデナですが、この馬は斤量58キロ以上になると5戦全て圏外。

確かにG1がその内3戦ですが、それ以下のレースでも末脚性能は落ちている。

実際に大阪杯では57キロで上り最速で4着しているように、今回の58キロは微妙ですね。

 

個人的な見解ではドゥオーモ・デンコウアンジュが上り最速候補と考えています。

 

次に逃げ・先行馬で圏内に入った馬は13頭いますが、その多くに共通する点は

 

近3走中2戦以上4角4番手以内

 

この条件で過去13頭中10頭が該当します。

今回の出走馬でこれに当て嵌まるのはディアンドル・テリトーリアル・トーラスジェミニ・バイオスパークの4頭です。

ただ気になるのはディアンドルが控えることができるのかは分からないが、トーラスジェミニとのハナ争いで共倒れの可能性も?

先行勢で絞るならテリトーリアルとバイオスパークですかね。

 


次は枠順傾向です。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝馬は7番ゲート内で7勝で1~3番ゲートの複勝率がとても高い。

内枠が比較的有利だとは思うが、外枠もまあまあ健闘しているので判断が難しい。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると1・2番ゲートの複勝率が異常に高いだけで、それ以外は内外で大きな差は見られない。

 

上記のデータを考慮して

 

1・2番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト 

又は

母方に

・ロベルト内包馬

です。

 

昨年はディープ産駒が独占でした。

そして19年に大穴をあけたサイモンラムセスのようにロベルト持ちの活躍も目立ちます。

 

今回の該当馬は

 

カデナ
ドゥオーモ
バイオスパーク
ボッケリーニ
ロードクエスト

 

以上5頭です。

 


次に消去法です。

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 前走3着以内or2番人気以内
 前走上り1位or4角1番手

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ボッケリーニ

 

以上1頭です。

ただ1番人気の勝率が悪いのが悩みどころです。

 

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 

次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 斤量52キロ以上
② 前走重賞組
③ 前走5以内or5番人気以内 又は 前走上り2位以内or前走4角2番手以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アールスター
ディアンドル
テリトーリアル
ドゥオーモ
ヴァンケドミンゴ

 

以上5頭です。

昨年こそ1000万クラスのドゥオーモが穴をあけたが、基本的には穴馬に限っては前走重賞組の成績は断トツで良いです。

 

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A)

血統傾向・脚質傾向・穴馬消去法の全てで名前が挙がったこの馬。

昨年の好走馬でもありコース実績は問題なし。

あとは展開待ちだが、今回は幸いにもディアンドルとトーラスジェミニがいる。

速い流れを作ってくれれば後方一気の末脚が炸裂するかもしれない。

(B)

(A)馬が望む展開と真逆なら、この馬の前残りに期待したい。

脚質傾向と穴馬消去法で挙がった馬で、隊列があっさり決まるようならチャンスがあるかも。

あとは内枠を引きたいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です