新着エントリー

宝塚記念2022予想 枠順確定後の最終結論

宝塚記念2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 5歳以下
② 前走距離2000m以上
③ 前走4着以内 or 3番人気以内

④ 前走間隔中13週以内

 

 

ここまでで残った馬はエフフォーリア・アイアンバローズ・タイトルホルダー・アリーヴォ・ディープボンド・ポタジェの6頭で全て前走G1出走組です。

ここから更に頭数を絞りたいが上記の表からは見つけられない。

そこで過去10年の前走G1出走馬8頭の共通事項を探してみた。

 

まず前走G1出走馬だった8頭は…

⑥ 過去にG1で4着以内の実績あり

 

最低ラインとしてこの条件は通過しておきたい。

そしてここで脱落した馬はアイアンバローズ。

残った馬はエフフォーリア・タイトルホルダー・アリーヴォ・ディープボンド・ポタジェの5頭。

 

そしてここからだが、どうしても不安が消えない3頭を紹介したい。

まずはエフフォーリア。

最終追いきりでは復調を見せる内容だったようだがアリストテレスが顕著な例でエピファネイア産駒の燃え尽き症候群は気になるところ。

そこで2・3歳時にG1で2着以内に入ったエピファネイア産駒の4歳以降の成績を調べてみた。

 

エフフォーリア 9着
オーソクレース 6着
アリストテレス 1着・7着・4着9着・2着・9着6着・17着
デアリングタクト 2着・3着6着

 

赤字の着順は全てG1レースで、3着以内に入った馬はデアリングタクトだけ。

しかも明け4歳初戦以降から尻つぼみ傾向にある。

デアリングタクトも前走長期休養明けで6着だが、上記のデータを見ると今回巻き返してくるかは微妙。

 

2頭目はタイトルホルダー。

この馬が逃げた時の成績は(5・2・0・0)逃げれなかった時の成績は(0・0・0・4)という極端な成績。

今回はパンサラッサがいる以上逃げれない可能性大。

 

最後にディープボンド。

レースを重ねる程にズブくなってきていて、しかも今の阪神はかなりの高速馬場。

2200mでの勝利経験はあるが、今のディープボンドでついていけるか微妙。

 

今年の宝塚記念は豪華メンバーなのは確かなのだが、ハッキリ言ってその豪華メンバー達の不安要素が多く大荒れしてもおかしくない。

 

更に荒れる可能性があるデータをここで紹介します。

今年は珍しくフルゲートの18頭なので、過去30年まで遡って16頭立て以上のレースの1着馬を調べてみた。

以下がそのデータです。

 

 

過去30年で16頭立て以上のレースは計10回あって半数以上の6頭が6番人気以下。

このデータと今回の4強の不安要素を考えると、全部消えるとは言わないが1着馬は4強以外から狙ってみるのも面白いかもしれない。

 

ここで話を戻して先ほど残ったエフフォーリア・タイトルホルダー・アリーヴォ・ディープボンド・ポタジェの5頭だが、以上のような理由から妙味も含め上位人気のエフフォーリア・タイトルホルダー・ディープボンドを1着候補から外すことにした。

 

よって今回は残った2頭であるアリーヴォとポタジェを軸馬とします。

ちょっと狙いすぎかな(;^_^A

大外18番のポタジェなんて特に…

ですが春競馬最後のG1なのでお祭り気分で狙っていきます。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としています。

(3連単)
7枠13番アリーヴォ
8枠18番ポタジェ
2枠4番エフフォーリア
3枠6番タイトルホルダー
穴馬(C)(D)

◉→◉〇⇔★各100円×24点=2400円
★→◉⇔〇各100円×16点=1600円
(計4000円)

 

今回の馬券は以下のように組み立てた。

① 1着馬は下位人気馬
② 4強の上位人気馬のどれか1頭は来るが2着まで

 

そして対抗馬として残した上位人気馬はまずエフフォーリア

ブリンカー着用で動きが変わった。

前走の敗戦だけで年度代表馬を無印というのは怖いので残した。

 

対抗馬2頭目はタイトルホルダー

ディープボンドとデアリングタクトとこの馬で迷ったが、いくら前走が長距離戦とは言え1,1秒差の圧勝は無視できない。

パンサラッサという厄介な存在がいるが、前走で覚醒したかもしれない未知なる能力を信じてみます。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

穴馬の1着付けという馬券の組み立てをしているので、2・3着に来そうな穴馬ではなく1発ありそうな穴馬を選ぶことにした。

(C) ?????

叩いた上積みは十分。

前走は明らかな急仕上げでありながらあれだけ走れれば今回はかなり面白い。

まともな調整ならラヴズオンリーユーとも互角の勝負が出来る馬。

頭で狙うという意味ではこの馬にもチャンスは十分ありそう。

 

(D) パンサラッサ

派手に散る可能性も十分ですが、1発ある穴馬として挙げるなら真っ先にこの馬でしょうね。

距離適性が問題ですが、今の高速馬場なら圧勝もあるかもしれない。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。