函館スプリントステークス2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

今回は函館スプリントステークス2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは札幌競馬場で行われる芝1200m戦。

今年は函館開催ではなく札幌開催となります。

現在の想定オッズではカレンモエが単勝オッズ1倍台の抜けたオッズになっています。

確かにメンバーを見ると圏内は堅いかもしれないが、重賞クラスに入ってから2戦連続で1番人気2着という実績。

頭はこの馬と過信し過ぎるのは危険かも?

高回収率を狙うなら2・3着付けで狙っていきたいですね。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

今年は札幌開催となり例年のデータは使えません。

同条件に近いキーンランドカップのデータを使いたいのですが、過去の開催週は4~6日目。

しかし今回のレースは開幕週となるので、2011年以降の同コース1勝クラス以上で開幕1~2日目のデータを参考にしました。

以下がその脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ馬が勝率・複勝率ともに断然有利。

ついで先行・差しはほぼ互角

追い込み馬は開幕週だけあって、さすがに成績は振るいません。

 

やはり注目は逃げ馬。

今回短距離戦の割には明らかな先行タイプという馬が少ない気がする。

今回のメンバーから考えると枠順にもよるが、順当にいけば逃げるのはビアンフェが最有力。

展開的にも脚質傾向的にもこの馬は押さえておきたい1頭ですね。

 


次は枠順傾向です。

こちらも脚質傾向と同じく2011年以降の同コース1勝クラス以上で開幕1~2日目のデータを参考にしました。

以下がその枠順傾向です。

 

 

これを見ると外枠が全くダメというわけではないが、明らかに勝率・複勝率ともに内枠有利。

8番ゲート以内が優秀です。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ても同じような傾向で9番ゲート以降は割り引いて考えてよさそう。

 

上記のデータを考慮して

 

1~8番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

ここでは条件が近いキーンランドカップのデータを参考にします。

以下が2016年以降の過去5年の結果です。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ダイワメジャー
・ロードカナロア
・ディープインパクト

又は

母父に

・ダンチヒ系

です。

昨年は重馬場の影響かノーザンダンサー系のワンツーフィニッシュでしたが、基本的にはスピードに優れた短距離系種牡馬の活躍が顕著です。

また母父ノーザンダンサー系の成績が良いですが、その中でもダンチヒの血を持つ馬が好成績です。

 

今回の該当馬は

 

アスタールビー
カツジ
カレンモエ
ケープコッド
コントラチェック
スギノヴォルケーノ
ミッキーブリランテ
ロードアクア

 

以上8頭です。

除外対象馬は候補に入れていません。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 5歳以下
② 前走G1出走馬 又は  前走2着以内 且つ 4番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

カレンモエ
シゲルピンクルビー

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走距離芝1400m以下のOPクラス出走馬は6着以内 且つ 5番人気以内
② 前走芝重賞出走馬は過去に重賞連対経験あり

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

カツジ
ケープコッド
ミッキーブリランテ

 

以上3頭です。

除外対象馬は候補に入れていません。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

3走前にはカレンモエとタイム差なしの勝負をしたほどの馬。

それを見込まれてか前走はOP入り後初の1番人気を背負うも大惨敗。

その大惨敗の影響か、展開的にも脚質傾向的にも厳しいという判断か、今回の想定オッズではかなりの低評価です。

確かに開幕週ということを考えると手は出しづらいが、ここまで人気が下がるようなら穴馬の1頭としてなら押さえて良いかもしれません。

(B) カツジ

旬の過ぎたディープインパクト産駒は買えないというのが持論ですが、4走前の1400mのスワンステークスではまさかの逃げで大穴をあけた。

前走の高松宮記念ではさすがに力及ばずだったが、1200m戦はまだ2戦しか経験しておらず、その2戦とも重馬場での競馬で良馬場での走りはまだ未知数。

母メリッサもスプリントで活躍した馬で適性があるかもしれない。

血統傾向と穴馬消去法で挙げてた馬であり、鞍上もスワンステークス以来のコンビとなる岩田騎手。

人気もなさそうなので面白いかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です