新着エントリー

京阪杯2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回は京阪杯2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは阪神競馬場で行われる芝1200m戦。

昨年に続き阪神開催となります。

注目は4連勝中のレイハリアで今年絶好調の3歳馬。

後で述べますが展開的にも向きそう。

基本的に1番人気は軸にしたくないので、敢えて不安点を挙げるとすれば鞍上が若手の亀田騎手。

ただG1常連騎手はジャパンカップに参戦となり、そこまで騎手の能力差で嫌う必要もないのかも。

あとは斤量差で前走より2キロ増。

この点を踏まえて高回収率を狙える馬がいるかどうか探していきたいと思います。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

今の阪神コースは連続開催での異例の馬場。

そして今週は連続開催Aコースの最終週です。

そこで先週日曜日の馬場を参考にしたいと思います。

以下がその傾向です。

 

 

先週の土曜日は完全に差し馬天国でしたが、日曜日も土曜日程ではないにしろ、その傾向が続いています。

 

またこれとは別のデータも見てみたいと思います。

昨年の京阪杯もAコース使用開幕9日目で行われていて、そのAコース使用が次の週までの実質11日目まで使用されていました。

馬場状態としては現在に近い感じでしょう。

よって昨年のその期間、実質開幕8~11日目の同コース1勝クラス以上の脚質傾向を調べました。

以下がその傾向です。

 

 

サンプル数は3レースしかありませんが、これを見ると差し馬も健闘していますが基本的には逃げ・先行馬の複勝率が極めて高いです。

今の馬場は差し馬場ではありますが、短距離の内回りコースでは基本的には逃げ・先行を重視した方が良いかもしれません。

そして今回の登録馬を見てみると明確な逃げ馬がいない。

また近走の走りからから見ても先行馬と言えそうな馬はオールアットワンス・サヴォワールエメ・ファストフォース・レイハリア辺り。

この4頭は脚質傾向的には注目です。

 


次は枠順傾向です。

こちらも脚質傾向と同じくまず先週日曜日の傾向を見てみます。

 

 

これを見ると1枠からの好走馬は無しです。

更に付け加えると2枠からは好走馬が3頭も出ていますがその3頭は1・1・2番人気馬。

基本的には内枠はマイナス評価です。

 

ここで別のデータも紹介します。

脚質傾向でも書きましたが、昨年の京阪杯もAコース使用期間が長かった。

よって脚質傾向と同じく昨年の開幕8~11日目の同コース1勝クラス以上の枠順傾向を調べました。

以下がその傾向です。

 

 

これを見ると7番ゲート以内の複勝率が目立っています。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると8番ゲート以降からの圏内馬無しです。

ちなみに先週の土日で阪神芝1200m戦は未勝利クラス1戦しかありませんでしたが、結果は

1着 11番ゲート 2番人気
2着 6番ゲート 10番人気
3着 7番ゲート 9番人気

7番ゲート以内から圏内に入った馬は共に人気薄でした。

 

上記のデータを考慮して

 

1~7番ゲート有利

 

と判断します。

今週も外差し馬場になりそうですが、1200m戦に限っては外枠重視は危険かもしれません。

 


次に血統傾向です。

京都開催のデータは使えないので同コース重賞過去5年で調べてみました。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ナスルーラ系
・ミスプロ系

又は

・ストームキャット内包馬

です。

 

やはりミスプロ系の活躍が顕著ですね。

特にロードカナロア産駒は特筆です。

又父サクラバクシンオー系もマイナー種牡馬ながら活躍しています。

そして上記の表では網羅しきれていませんが、ストームキャット内包馬が活躍しています。

まあロードカナロア自体がストームキャットを内包しているので重なる部分は多いですが、昨年の同コース阪急杯勝ち馬フィアーノロマーノもストームキャット持ちです。

 

今回の該当馬は

 

エイティーンガール
オールアットワンス
シヴァージ
ファストフォース
ライトオンキュー
レイハリア
レッドアンシェル

 

以上7頭です。

除外対象馬は入れていません。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 前走キーンランドC・スワンS出走馬で4着以内or3番人気以内 
③ その他路線で1番人気で1着馬
④ 前走上り3位以内or4角4番手以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で7回。

そしてその7回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定人気では4番人気以下が大混戦ですが、葵ステークスでレイハリアとコンマ1秒差の勝負をして前走は初重賞制覇したオールアットワンスが4番人気と想定しています。

それを踏まえて上記の条件に該当する馬は

 

オールアットワンス
レイハリア

 

以上2頭です。

レイハリアに人気が集中するようなら、能力的に遜色ないこの馬が軸候補としては狙い目かなと思っています。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 7歳以下
② 前走距離1400m以下
③ 前走4着以内 又は 4番人気以内 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

サヴォワールエメ
ライトオンキュー

 

以上2頭です。

除外対象馬は入れていません。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

洋芝専門と思われがちだが、実は阪神巧者で同コース成績(2・1・0・1)で複勝率75%。

今回展開的に向くかどうかという部分はあるが、2走前はレイハリア相手にタイム差なしの2着。

その時の斤量差は4キロこちらが重く、今回は2キロ差での勝負なら面白いと思います。

(B) ファストフォース

前重視で狙うならこの馬。

前走は自分の競馬が出来なかったが、今回は先行馬も少なくある程度前目の位置が取れそう。

自分の競馬さえできれば、2走前のようにモズスーパーフレアに先着、ヨカヨカとはタイム差なしという実力がある馬。

あとは内目の枠が欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です