新着エントリー

報知杯フィリーズレビュー2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは阪神競馬場で行われる芝1400m戦。

とにかくまともに決まらないレースで、現在4年連続で5番人気以下馬が1着になっています。

ただ今年のメンバーを見るとナムラクレア以外はどんぐりの背比べ的な馬ばかり。

1番人気はあまり軸にはしたくないが、さすがにこのメンバーだと圏外は無いかな。

仮にこの馬が来てもあと2頭はどの馬が来てもおかしくないと思うので、高配当の望みはあるかも。

出来ればナムラクレアの2・3着辺りが理想ですね。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見るとまず注目したいのは複勝率は劣るものの勝ち数では先行勢を上回る8勝を挙げている後方勢、そして複勝率が80%を超える上り1位馬です。

上り1位で圏内に入った9頭と差し・追い込みで1着になった8頭、重複馬がいるので実質11頭となりますが、その11頭中8頭が…

 

① 前走距離1400~1600mで初角or4角6番手以下
② 上り3位以内で4着以内

 

この条件に該当する馬は

 

サブライムアンセム
ビジュノワール

 

以上2頭です。

ただビジュノワールはアネモネステークスに登録があって、このレースには出走しない可能性が高そうです。

そしてサブライムアンセムは過去10年で好走例が1頭しかいない未勝利組。

ちなみに新馬組は好走馬無しです。

微妙だな…

 

ついで複勝率では後方勢を上回る逃げ・先行馬ですが、圏内に入った馬13頭中12頭に該当する条件は…

 

① 前走距離1400~1600mで4角4番手以内
② 前走G1出走馬 又は 1勝クラス以上で5番人気以内 且つ 5着以内

 

この条件に該当する馬は

 

アネゴハダ
ウィリン
コンクパール
テイエムスパーダ

 

以上4頭です。

前走ダート戦だったコンクパールは嫌いたいところですが、この馬の新馬戦は芝レースで2着に好走。

過去には2013年にティズトレメンダスが前走ダート戦から好走していることもあるので安易に消すことはできないですね。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見るとまず勝ち馬に目がいきます。

1着馬11頭中8頭が6番ゲート以内。

複勝率でみると、16番ゲートくらいまでは比較的安定しているのかなという感じはします。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ても同じような傾向ですね。

勝ち馬は5勝中4勝が5番ゲート内。

複勝率でみると大外枠の17番ゲート以降からは好走馬無し。

ただ今年は16頭立てかそれ以下が予想されるので外枠不利は考えなくてもよいかもしれません。

 

上記のデータを考慮して

 

1~6番ゲート有利

 

と判断します。

ただ複勝率の観点からみると、7番ゲート以降が悪いというわけではありません。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

・グレイソブリン内包馬
・ダンチヒ内包馬

です。

これはかなり珍しいことですが、圏内馬15頭の種牡馬が全て違う。

大抵同一種牡馬が存在するものですが、全てバラバラです。

また大系統で見ても複勝率が際立って優秀と言える程の傾向も無かったので、今回は内包馬に焦点を当てました。

まず過去5年で毎年必ず1頭は圏内に来ているグレイソブリン内包馬。

上記の表では網羅出来ていませんが、ヨカヨカ・エーポス・ノーワン・プールヴィル・アンコール・プリュカラクレナイが該当。

 

そして近2年は特にダンチヒ内包馬が大活躍。

シゲルピンクルビー・ヨカヨカ・ミニーアイル・ヤマカツマーメイド・ナイントゥファイブが該当します。

 

今回の該当馬は

 

アドヴァイス
ウィリン
サウンドクレア
スリーパーダ
テイエムスパーダ
ナムラクレア
ビジュノワール
ブッシュガーデン
モチベーション
ラブリネスオーバー

 

以上10頭です。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1400m or 1600m
② 前走G1で上り4位以内or4角4番手以内
 前走1勝クラス以上で2着以内 且つ 上り2位以内

 

想定4番人気以内馬で上記の条件①+②or③に該当する馬は

 

アネゴハダ
ナムラクレア

 

以上2頭です。

二番人気想定のマイシンフォニーですが、好走例がない前走1800m戦。

しかもこの馬は1800m戦で2戦2連対、1600m戦で2戦2圏外。

血統はディープインパクト×母アメリカのG1馬で売れる要素はあるが、兄にマイラプソディ(好走実績が全て1800m以上)がいるし1400m戦でどうだろう…

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1400m or 1600m
② 前走阪神ジュベナイルで4角4番手以内
③ 前走5着以内 且つ 上り3位以内or4角4番手以内 

 

想定5番人気以下馬で上記の条件①+②or③に該当する馬は

 

アドヴァイス
ウィリン
コンクパール
サブライムアンセム
ビジュノワール
ラブリネスオーバー

 

以上6頭です。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は11,9%です。

 

・キャリア8戦以上(0・0・0・10)複勝率0%
・前走間隔中2週以内(0・0・0・10)複勝率0%
・前走G1出走馬を除く6着以下(0・0・0・36)複勝率0%
・前走1勝クラス以下の6番人気以下馬(0・0・0・16)複勝率0%
・今回斤量増(0・0・0・7)複勝率0%
・前走距離1400・1600
m以外(0・0・1・39)複勝率2,5%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

アドヴァイス
ウィリン
コンクパール
サブライムアンセム
ビジュノワール

 

以上5頭です。

ちなみに前走1200m戦の馬は(0・0・1・36)複勝率2,6%です。

無条件で消すという手もアリかもしれない。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

他にも気になる穴馬がいるので枠順次第ということになるが、確定前ならとりあえずこの2頭。

 

(A) ?????

血統的にダート馬と思われているかもしれないが、新馬戦はコマンドラインの2着、未勝利戦はスタニングローズの3着。

それを考えればこの程度の相手なら好走しても驚かない。

あとはとにかく内枠を引いて先手さえ取れれば面白い。

 

(B) ウィリン

新馬戦のレベルは微妙だが、ぶっちぎりでの勝利。

2戦目は長期休養明けながらOPでも好走。

東風ステークスへ出走しそうなビジュノワールを除けば、血統傾向・脚質傾向・穴馬消去法・デスデータをすべてクリアした馬はこの馬だけ。

まだ完全に底が見ていないだけに魅力はあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。