京都金杯2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は京都金杯2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~10番ゲート有利と判断しています。

単勝オッズと総合オッズを見ても人気馬と呼べそうなのは3番人気まで。

今回は上位人気馬3頭の配置を見ていきます。

 

まずは5枠10番シュリですが、やや外目に入りましたが今回はとにかく前に行きたそうな馬が少なく、この配置でも理想のポジションは取れそうで問題無いと思います。

 

次に2枠4番ピースワンパラディですが、前2~4走前は後方からの競馬が続きましたが、前走は5番手くらいの競馬で勝利。

基本的には前目での競馬が出来る馬なので内枠は良いと思います。

 

次に4枠8番レッドガランですが、この馬も先行・差しと脚質に幅がある馬なので問題ないでしょう。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
5枠10番シュリ

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

(2・3着)
2枠4番ピースワンパラディ
4枠8番レッドガラン

各100円×12点

 

(1着)
2枠4番ピースワンパラディ
4枠8番レッドガラン

(2・3着)
5枠10番シュリ

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×12点

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

上位人気馬から軸で選んだのはシュリ。

ピースワンパラディと迷ったが、前走は現在3番人気のレッドガランに完勝。

開幕週でピースワンパラディより前目で競馬が出来そうで、相性の良い前走リゲルS組。

圏内で狙うならピースワンパラディよりこの馬を上位に取ります。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

開幕週ならある程度前に行ける馬を狙ってみたい。

とにかくいくら走っても人気にならない馬だが、重賞成績は10戦中8回圏内という穴馬としては凄まじい戦績。

展開的にもこれと言った逃げ馬もいなく、先行馬もそれ程多い訳でもない。

やや外目に入ったが、今回のメンバー構成なら問題無いと思います。

(D)

5連勝していた時は基本先行脚質だったが、それ以降は一変して後方待機。

そのままの脚質なら買いにくいが、今回は内枠に入り鞍上も積極的な競馬をする鞍上に乗り替わり。

前目で競馬をしてくれれば、今回はチャンスありだと思います。

(E)

正直あまり良い枠ではないが、このレースは斤量を背負った馬が好走傾向にあります。

枠と斤量で嫌われて人気が落ちているようですが、前走はG2で1番人気になった程の馬。

それでこの人気なら押さえておきたい穴馬です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です