京都金杯2021予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は京都金杯2021の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中京競馬場で行われる芝1600m戦。

京都競馬場改修工事により今年は中京開催。

過去データは使えずデータ的な部分が制限されてしまいますが、頑張って予想していきたいと思います。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

過去データが使えないので、中京競馬場改修工事後の開幕週・同コース500万クラス以上のデータを参考にしました。

以下がその脚質傾向です。

 

 

あくまで参考程度ということにはなりますが、やはり開幕週に絞ったデータを見ると後方脚質の馬はかなりの減点材料。

直線の長い中京コースとは言え、開幕週となるとそう簡単には届かないのでしょう。

今回のメンバーを見ても明確な逃げ馬もいませんし、後方勢にとっては更に逆風か。

正直狙ってみたかった穴馬に後方脚質の馬が数頭いたので迷っているところです。

それ以外の脚質では特に大きな差はありません。

 


次に血統傾向です。

過去データが使えないので、過去5年の同コース重賞中京記念で調べました。

2020年は阪神開催のため4年分のデータとなります。

傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト

 

又は

・ダンチヒ内包馬

です。

上記の表では細かく載っていませんが、ダンチヒ内包馬は近3年連続好走している血統です。

 

今回の該当馬は

 

エントシャイデン
ケイアイノーテック
サトノアーサー
ピースワンパラディ
メイケイダイハード

 

以上5頭です。

除外対象馬は入れていません。


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 前走阪神or京都開催
③ 前走距離1400~1800m

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

シュリ
タイセイビジョン

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

昨年は重賞初挑戦で1番人気、2戦目は3番人気なる程期待された馬。

ただロードカナロア産駒ということを考えると上のクラスでは距離2000mは長かったかもしれない。

今回は前走同様1600m戦。

その時は3着で今回1番人気想定シュリに敗れはしたが、今回はシュリより斤量1キロ減。

シュリとの比較で考えれば、2・3着くらいならチャンス十分だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です