京都大賞典2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回は京都大賞典2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは阪神競馬場で行われる芝2400m戦。

例年の京都開催ではなく今年は阪神開催となっています。

今年の上位人気馬を見ると結構怪しそうな馬が揃った。

 

まずアリストテレスは燃え尽きてしまった感があり、主戦ルメール騎手は毎日王冠のジュネルマイスターに騎乗予定。

この時点で勝負度合いが微妙。

モズベッロは馬場次第で馬場が渋らなければ凡走も十分あり得る。

キセキは出遅れ癖アリ。

ヒートオンビートはようやく前走で重賞2着で未だ重賞未勝利。

 

堅い年はガチガチに堅いが、荒れる年は2着以内に4番人気以内馬が1頭もいないという年も何度かある。

バカ荒れは困るが、今回はソコソコ荒れる予感がするので、馬券的には面白そうです。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

今年は京都開催ではなく阪神開催です。

よって過去のデータは使えないので、2011年以降の同コース1勝クラス以上で今回と馬場状態が近い開幕1・2日目で調べました。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると開幕週なので逃げ馬の勝率・複勝率は抜けています。

ただし差し・追い込み馬の複勝率は決して悪いものではありません。

開幕週だから追い込みは即消しという考えは危険かもしれません。

 

ただ今回のメンバーを見渡すと逃げ・先行馬が少ないですね。

逃げるのは恐らくベレヌス、そしてそれに続くのがダンビュライトとステイフーリッシュくらい。

あとキセキは出遅れなけば先行するかもというくらい。

それ以降は展開・枠次第でいくらでも変わりそう。

開幕週で先行勢手薄となるとベレヌスダンビュライトステイフーリッシュは気にしておいた方が良いかもしれません。

 


次は枠順傾向です。

2011年以降の同コース1勝クラス以上で開幕1・2日目で調べました。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると複勝率では12番ゲート以降からは好走馬無し。

勝ち馬は4番ゲート内に集中しています。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ても同じような傾向で勝ち馬は内枠、複勝率では11番ゲートまでです。

 

上記のデータを考慮して

 

12番ゲート以降不利

 

と判断します。

勝ち馬を狙うなら1~4番ゲートは要注意ですね。

 


次に血統傾向です。

2016年以降の同コース1勝クラス以上種牡馬複勝率トップ10と神戸新聞杯の種牡馬成績を以下に載せました。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト
・キングカメハメハ
・ルーラシップ
・ステイゴールド系

です。

今回は同コース重賞の神戸新聞杯のデータだけでも良かったのですが、このレースはクラシックのステップレース。

よって傾向もクラシック向きの傾向に偏ると思い、1勝クラス以上のデータも載せました。

両データに共通するのはディープインパクト産駒、そしてキンカメ・ルーラシップ・ステイゴールド産駒です。

特に注目はステイゴールド系で、1勝クラス以上で見るとステイゴールドはもちろん、オルフェーヴル・ドリームジャーニーのステイゴールド系がランクインしていて、トップ10のうち3種牡馬がステイゴールド系です。

これは気になるデータです。

 

今回は該当馬が多いので該当馬を載せます。

 

アリストテレス
ベレヌス
ムイトオブリガード
モズベッロ

 

以上4頭です。

今回はやたらとオルフェーヴル産駒が登録していて、ステイゴールド産駒もいます。

全体の3分の1以上がステイゴールド系で占めています。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 5歳以下
② 前走距離2000m以上のG1出走
 前走6番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

アリストテレス
モズベッロ

 

以上2頭です。

6~7歳馬も好走しているのですが、この条件で過去10年で5勝挙げている点に着目してこのような条件にしました。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走距離2000m以上
② 7歳以下の前走G1出走馬 又は 5歳以下で前走3着以内 or 上り3位以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で7回。

そしてその7回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アイアンバローズ
オセアグレイト
ヒュミドール
ベレヌス

 

以上4頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

上位人気勢は結構怪しそうな馬が多い。

そして下位人気馬も実力的に手薄そうで先行勢も手薄。

今回は休み明けだが、この馬は休み明けの方が走る。

2200mが得意な馬で非根幹距離向きとは承知ですが、このくらいのメンバーなら先行粘り込みで圏内に持ってこれる力はあると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です