京都大賞典2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は京都大賞典2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


 

本命馬は上位人気馬から選ぶが、基本的に1番人気の1着固定は買わない。

ただ少頭数のレースやグランアレグリアやアーモンドアイのように明らかに抜けている馬の場合は別です。

あくまで経験則ですが…

①自分が選んだ穴馬が圏内に突っ込んでくるレースは結構な確率で1番人気が飛んでいるように思える。

②統計的に見ても1番人気が1着に来る確率は大体3回に1回程度。

③順当に1番人気がくる時はレース自体もあまり荒れない。

 

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

 

そして今回は馬単で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の1着固定馬は

 

7枠11番キセキ
6枠9番アリストテレス

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(馬単)

(1着) 
7枠11番キセキ
6枠9番アリストテレス

(2着)
穴馬(C)(D)
2枠2番ベレヌス
5枠8番マカヒキ

◉→★各800円×4点=3200円
◉→△各100円×4点=400円

(計3600円)

 

セオリー通り1番人気ヒートオンビートは消した。

大外枠で重賞未勝利馬が1番人気。

消せる理由はある。

 

ちなみに最終オッズでアリストテレスが1番人気になっても前日予想になるのでヒートオンビートの消しは変わりません。

 

そして岩田望来鞍上のアイアンバローズは無条件で消す。

岩田望来騎手はこれまで何度も有力馬に騎乗しながら、未だに重賞未勝利という逆の意味で凄い成績を持っている。

岩田望来騎手=消しは自分のセオリーである。

 

よって残った上位人気馬2頭キセキとアリストテレスを1着固定馬とした。

まあこの2頭も危ういのではあるが…

 

推奨穴馬(C)(D)の他、△大穴で開幕週絶好枠からの単騎逃げが濃厚なベレヌス、7戦連続G1出走で馬柱は汚れているがG2戦なら6戦5圏内のマカヒキを押さえる。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

今回のメンバーは先行勢手薄。

今回は休み明けだが、この馬は休み明けの方が走る。

2200mが得意な馬で非根幹距離向きとは承知ですが、このくらいのメンバーなら先行粘り込みで圏内に持ってこれる力はあると思う。

(D) ?????

阪神芝2400mで好成績を誇るステイゴールド系で穴馬消去法の記事でも挙げた馬。

勝つまでは厳しいと思うが重賞に挑戦してから6戦経過して、その内4戦が掲示板内という安定性。

日経賞ではウインマリリン・カレンブーケドール・ワールドプレミアに次ぐ4着という実績もある。

前走でようやく重賞連対を果たし勢いに乗った今なら面白いかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です