京都大賞典2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は京都大賞典2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~10番ゲート有利と判断しています。

上位人気馬は大混戦ですが最終的にはキセキ・ステイフーリッシュ・グローリーヴェイズ・キングオブコージの4頭が上位人気4頭と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠2番キセキですが、スタートさえ決めれば好枠。

例のごとく出遅れれば悪枠という諸刃の枠ですね。

 

次に3枠6番ステイフーリッシュですが、先行馬のこの馬にとってはこの配置は絶好枠でしょう。

難なくベストポジションをキープできそうです。

 

次に7枠13番グローリーヴェイズですが、差し馬なので外枠でも問題無いが、出来れば好枠の10番ゲート内に入っていれば尚良かったと思います。

あとこの馬の場合、馬場と状態面で不安があります。

 

最後に8枠17番キングオブコージですが、大外枠は痛いですね。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連複)

3枠6番 ステイフーリッシュ  

② 穴馬 (C)(D) 

③ 1枠2番キセキ 8枠17番キングオブコージ  

(各500円×4 計 2000円)

 

3連複勝負です。

まず上位人気馬で頭を狙えそうだったキセキ・グローリーヴェイズ・キングオブコージがどれも良い配置ではない。

唯一好枠なのはステイフーリッシュくらい。

ただ頭では狙えなく、3着以内ならという意味と配当的妙味でこの馬を人気対抗馬筆頭で勝負。

 

その他候補で選んだのは不安要素満載だが実績のキセキ、勢いのキングオブコージ。

消したのはグローリーヴェイズ。

前走の大敗と今の馬場が合わない可能性大。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

リピーター候補の2頭で勝負です。

(C)

今回は絶好枠に入った。

3000m以上のレースを除く京都コースは3戦3馬券内。

しかもその全てが重賞です。

G1では足りない馬だが、G2戦なら過去7戦して5回馬券内という堅実派に期待します。

(D)

順調に使えないという弱みがあり大敗後の1戦だが、調教での動きは悪くはない。

2400mは3戦2勝3着1回のベスト距離で巻き返しに期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です