京王杯2歳ステークス2020の枠順確定後の最終結論

今回は京王杯2歳ステークス2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では先週の傾向を踏まえて1~3枠不利と判断していましたが、検索ミスがありまして1~2枠不利とさせて頂きます。

申し訳ありません。

現時点ではユングヴィが3番人気となっていますが、総合オッズでは多分5番人気以下。

代わりに総合オッズではリンゴアメが4番人気。

よってリフレイム・モントライゼ・ブルーシンフォニー・リンゴアメを上位人気4頭として扱います。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠4番リンゴアメですが、先週の馬場傾向のままなら内枠は歓迎できないですね。

ただ先行馬なので外枠よりは良いかもしれません。

前に行った馬が有利なレースでもあるので、せめて3~5枠くらいが良かったかな。

 

次に3枠6番モントライゼですが、この馬も先行馬で、まあこの配置くらいなら及第点。

 

次に6枠11番リフレイムですが、この馬は外枠でよかったと思います。

ここからさらに大外ぶんまわしかな。

新馬戦を見た人は分かると思いますが、内枠に入ったら沈むどころではなく、下手したら大事故になりかねないと思う。

 

最後に8枠18番ブルーシンフォニーですが、先週は外差しが効いてましたが、流石に18頭立ての大外枠はちょっとマイナスでは?

ただ脚質的には内枠より外枠が良かったと思います。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
3枠6番モントライゼ
6枠11番リフレイム

(2・3着)
穴馬(C)(D)

(2・3着)
2枠4番リンゴアメ
3枠6番モントライゼ
6枠11番リフレイム
8枠18番ブルーシンフォニー

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのは内過ぎず外過ぎすの3枠6番モントライゼと6枠11番リフレイム。

レースっぷりを見るとリフレイムは規格外の強さを秘めていますが、飛んでしまっても不思議ではない癖馬。

そこで上位人気馬の中でも外過ぎずの枠を引いたリフレイムをもう1頭の1着候補とします。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

新馬戦で下した2着馬は次走断然人気で勝ち上がった。

穴馬消去法で挙げた馬であり、鞍上も今ノッテいる3冠馬騎手。

まだ底を見せていない魅力もあります。

(D)

新馬は不良馬場で凡走したが、次走は勝利。

(A)と同じく穴馬消去法で挙げた馬。

母系がかなり優秀な良血馬でもあり、2歳戦なら血統だけで勝負になりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です