京成杯2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

今回は京成杯2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝2000m戦。

ルメール鞍上予定のグラティアスが中心。

母は海外G1馬で半姉にはレシステンシアがいる良血馬。

やはり馬券の組み立てはこの馬からでしょうか。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が中山競馬場改修工事後の過去6年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ馬は壊滅的。

先行馬の成績が良いですが、逆に追い込み馬の成績もかなり良い。

ちなみに先週の中山は外差し馬場が顕著で、馬場が回復しなければ今週はこのデータ以上に後方勢有利な展開かもしれません。

キャリアの浅い馬ばかりが集まっているので展開は読みにくいが、全馬の前走脚質を見ると前で競馬をした馬が多数います。

決定的にこの馬だとは言えないが、狙うなら上りの脚を持っていそうな馬を重視したいですね。

 


次は枠順傾向です。

以下が中山競馬場改修工事後の過去6年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると1~7番ゲートの内寄りの成績がかなり良くみえます。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると全体傾向以上に1~7番ゲートの好走馬がかなり多い。

普通ならこの時点で1~7番ゲート有利と言いたいところなのですが、先週の中山の馬場をみると外差しが顕著で、馬場も外目が有利になってきている。

これは迷いますね。

 

上記のデータを考慮して

 

データ上は1~8ゲート有利

先週の馬場のままなら外枠 又は 外差し有利

 

と判断します。

あとは土曜日の馬場をみて判断するのがベストでしょう。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・キングカメハメハ

・ハービンジャー

又は

・ロベルト内包馬

です。

 

傾向的にはパワー型の種牡馬が好走する傾向が強く、ディープ産駒のような瞬発力タイプには向かない傾向になっています。

 

今回の該当馬は

 

セルヴァン
タイソウ
テンバガー
ブラックロータス
プラチナトレジャー
ミヤビハイディ
ヴァイスメテオール

 

以上7頭です。

 


次に消去法です。

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走距離1800~2000m
② 前走新馬・未勝利組は前走1番人気に限る

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

グラティアス
タイソウ

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 

次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 牡馬
② 前走朝日杯出走馬 又は 前走距離芝1800~2000m
③ 前走G1を除き、
500万特別で3着以内、OPクラス以上は5着以内
④ 前走新馬・未勝利組は前走上り2位以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ディクテイター
プラチナトレジャー
ラカン
ヴァイスメテオール
ヴェローチェオロ

 

以上5頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A)

血統傾向で書いた父キンカメで穴馬消去法でも挙げた馬。

近2走控える競馬で2走前は上り1位で1着。

前走は重賞で4着ながらも、ホープフルステークス覇者ダノンザキッドと上り勝負でコンマ1秒差。

先週の馬場同様なら嵌りそうな予感がします。

(B)

この馬も(A)と同じく父キンカメで穴馬消去法で挙げた馬。

まだ1戦1勝で底が見えていなく、先行2番手から上り2位でそれなりの脚も持っていそう。

また先週のフェアリーステークスでは最内から大外に持ち出して3着と馬場を読んでいる鞍上にも期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です