新着エントリー

京成杯オータムハンデ2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

① 前走距離1400m以上
② 斤量52~56キロ
③ 
前走9番人気以内

④ 前走敗戦馬の着差1.0秒以内
⑤ 前走馬体重450キロ以上
⑥ 前走間隔4~15週

 

共通事項を挙げるとすればこんなところでしょう。

そして上記の条件から残った馬はファルコニア・ミスニューヨークの2頭です。

いつもならここでこの2頭の2頭軸なのですが…

 

現在のオッズを見ると大混戦でオッズも期待が出来ると思ったのですが、逆に割れ過ぎて一撃回収というような配当が見込めない。

よって今回は一撃回収を狙って1頭軸で勝負します。

そこで選んだのはファルコニア。

やはり堅実な走りが売りの馬で軸で選ぶならこの馬な気がします。

よって今回はファルコニアを軸馬とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としていますが、今回は4200円勝負です。

(3連単)
7枠11番ファルコニア
1枠1番ベレヌス
4枠6番ミスニューヨーク
5枠8番ダーリントンホール
穴馬(G)(H)
6枠10番ルフトシュトローム
4枠5番タガノディアマンテ
5枠7番ルークズネスト

〇→◉⇔★各200円×12点=2400円
〇→◉⇔△各100円×18点=1800円
(計4200円)

 

今回は少し買い方を捻ってみた。

まず軸のファルコニアだが軸向きの馬ではあるがとにかく勝てない。

6走前に勝って以降は4・3・2・3・3着でこういうタイプの馬は頭で狙うより2・3着で狙った方が良いかもしれない。

逆に上位人気のベレヌス・ミスニューヨーク・ダーリントンホールの方が1発の魅力があるので、この3頭を1着付けとした。

 

そして穴馬だが推奨穴馬はいつも通り2頭挙げるが、今回は別に押さえ大穴馬として3頭追加することにした。

現在3年連続二桁人気馬が馬券になっていて、新潟開催だった2014年を除く2012年以降の過去9年間でも5年二桁人気馬が絡んでいる。

そういう意味で大穴で過去記事で書いたデスデータ突破馬であるタガノディアマンテルフトシュトローム

最後に近走負けているとはいえ着差は大きくなく、初の1200で変り身に期待したいルークズネストを選んだ。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(G)(H)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(G) ?????

前走は久しぶりの積極策で激走した。

今回はベレヌスがいるので前走のような競馬はしないと思うが、近走全く前で競馬をしていなかった馬が、全盛時のように前目で競馬をするようになったのは大きな収穫。

今回も前目で競馬が運べればチャンスは十分あると思います。

 

(H) クリノプレミアム

小回りの中山に戻るのは歓迎でしょう。

前走は大惨敗だがコース適性、格を考えると仕方ない。

この馬は惨敗からいきなり好走する傾向もあり、前走をノーカウントと考えるならまだ勢いが残っている今が買い時だと思います。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。