新着エントリー

中山牝馬ステークス2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは中山競馬場で行われる芝1800m戦。

このレースはとにかく一筋縄ではいかない。

二桁人気馬が毎年のように突っ込んできたり、人気馬の信頼性もイマイチ。

はっきり言ってまともに予想していたら当たらない。

逆に考えると来そうだなというは馬は買わずに、こんな馬がくるはずないという馬から狙うのがある意味馬券の近道かも。

完全に思考停止してみるのもアリかもしれません…とは言ってもやはり考えますが。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が中山競馬場改修工事後の過去7年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると差し馬が5勝挙げていて優秀ですが、上がり1・2位の成績はあまりパッとしません。

ここから判断すると、差し馬は鋭い決め手が特に重要ということもなさそう。

総数としては上がり4位以下の馬が全体の半数を占めています。

ソコソコの位置でソコソコの上がり、こんな馬が良いのではないでしょうか。

そこで圏内に入った21頭を見てみると、その内14頭が

 

① 前走4角6番手以内
② 前走敗戦馬の着差1,1秒以内

 

この条件に該当する馬は

 

ゴルトベルク
シャムロックヒル
ローザノワール

 

以上3頭です。

逃げ・番手でなくてもよいが、とにかく前走ある程度前目につけられた馬が好成績です。

 

次に残った7頭ですが、この7頭全てにも共通点がありました。

 

① 前走上り2位以内 且つ 5着以内

 

この条件に該当する馬は

 

ミスニューヨーク
モリノカンナチャン

 

以上2頭です。

モリノカンナチャンは前走3勝クラスで4着。

いくらハンデ戦でも黙って消しだろうと思うが、冒頭でも書いたがこのレースは要らないと思える馬が来るレース。

買い材料がひとつでもあるなら、もう少し考えてみてもよいかもしれません。

 


枠順傾向データ 」

こちらも脚質傾向と同じく過去7年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬も複勝率も大きな差はない。

むしろ最内枠より大外枠の方が好成績と言えます。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ても内外で大きな偏りはありませんね。

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ミスプロ系

・トニービン内包種牡馬

又は

母父に

・ロベルト系

です。

ルーラシップ産駒は3年連続好走中ですが、その内2頭は同一馬フェアリーポルカで2年連続好走中で、今年もこの馬が出走。

また母父ロベルト系も好走率が高く過去5年中4年好走馬が出ています。

あとはディープインパクト産駒も3頭絡んでいますが、複勝率で見ると特筆できる程ではない。

圏内に入ったディープインパクト産駒の3頭の内2頭がロベルト系ということを考えると、重視するのはやはりロベルト系ですね。

 

今回の該当馬は

 

ゴルトベルク
シングフォーユー
フェアリーポルカ
ミスニューヨーク
ルビーカサブランカ
ロザムール

 

以上6頭です。

前走OP挑戦で惨敗していますが、この中で血統的に面白そうなのはシングフォーユー。

上記の推奨血統で挙げた父トニービン内包種牡馬×母父ロベルト系です。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走愛知杯・ターコイズS出走馬で4着以内
 前走牡馬混合重賞出走馬で上り3位以内or4角5番手以内

 

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ミスニューヨーク
ルビーカサブランカ

 

以上2頭です。

テルツェットは消去法で消えてしまったが、ハンデは56,5キロというのも嫌な材料。

ただ過去10年で見ても56,5キロ以上のサンプルデータは僅か1頭しかいない。

そこで過去30年まで遡って斤量56,5キロ以上の4番人気以内馬の成績を調べてみた。

結果は(2・3・2・6)複勝率53,8%という好成績。

斤量だけで嫌うと痛い目にあう可能性も十分ありそうです。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1600m以上
② 前走7着以内 又は 4角1番手 

 

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

クールキャット
シャムロックヒル
フェアリーポルカ
モリノカンナチャン
ローザノワール

 

以上5頭です。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は5番人気以下限定のもので、過去10年のこのレースの5番人気以下馬の複勝率は14,9%です。

 

・前走間隔中3週以内(0・0・1・20)複勝率4,7%
・前走敗戦馬の着差1,2秒以上(0・0・0・25)複勝率0%
・前走距離1400m以下(0・0・0・8)複勝率0%
・前走馬体重439キロ以下(0・0・1・15)複勝率6,6
%

 

 

バカ荒れするレースなので今回は決め手となるデスデータ項目は少なかったです。

今回は項目も少なくデスデータ突破馬が多かったので、逆に突破できなかった該当馬を載せます。

 

クリノプレミア
ゴルトベルク
ジュランビル
スマイルカナ
ロザムール

 

以上5頭です。

特にクリノプレミアとジュランビルに関しては全項目で脱落。

いくら穴狙いでもこの2頭だけは買わないと思います。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

現時点ではフェアリーポルカが最有力候補なのですが、これだけ荒れるレースで想定5番人気馬を挙げてもつまらないので、この馬以外で面白そうな穴馬を挙げたいと思います。

 

(A) ?????

3走前に今回上位人気のルビーカサブランカ相手に同斤量で先着経験あり。

今回はハンデ戦ということで斤量2キロの恩恵を受けている。

血統傾向の記事でも述べたが今回一押しで、兄弟にはエリザベス女王杯2着のシングウィズジョイやアルゼンチン共和杯3着のフライライクバードがいる。

今回鞍上は乗り替わりとなるが、2走前にコンビを組んで勝利をもたらした一流ジョッキーを確保。

戦績だけ見れば足りない馬ではあるが、バカ荒れ傾向があるレースだからこそ狙ってみるのも面白い。

 

(B) ローザノワール

ダート路線が主流だったが近3走は芝路線に変更。

近10走は2勝8圏外で2勝の内1勝は前走の中山芝1800mで逃げ切り勝ち、そしてもう1勝は同じく中山でダート1800mで逃げ切り勝ち。

しかも近10戦で中山コースを走ったのはこの2回だけ。

ダートと芝の違いはあるが、芝・ダート問わず中山1800mは相性が良いかも?

あとは単騎逃げが出来るかどうか。

枠順次第では1発もあるかもしれません。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

2 件のコメント

  • こんにちは♪
    シングフォーユーとローザノワール狙ってました!
    勝春やってくれるんではと^^
    あと軽斤量江田照は絶対おさえてます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    • シングフォーユーは個人的には騎手が魅力。
      ローザノワールはシャムロックヒルの出方次第ですかね。
      あと江田照男騎手というとクリノプレミアムのことですかね?
      想定だと松岡騎手になってます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。