新着エントリー

中京記念2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは小倉競馬場で行われる芝1800m戦。

昨年に続き同コースでのレースとなります。

2年前にメイケイダイハードが激走しましたが、それ以外の近5年はハンデ戦の割に小波乱が多い。

今年はバカ荒れに張るか?それとも近年の傾向通り小波乱に張るか?

週末まで考えます。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

過去データが使えないので2012年以降同コース重賞で調べてみました。

昨年の中京記念と小倉大賞典が対象となります。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると追い込み馬の複勝率は若干落ちますが悲観する程悪い数字でもなく、全体的に見ると脚質はどこから入っても良さそう。

ただ勝率が20%以上ある逃げ馬に関しては注意した方が良いかもしれない。

今回のメンバーではベステンダンクかベレヌスだとは思うが、まあベレヌスが行くのではないか。

逃げ馬ならベレヌスには注意しておきたいですね。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

こちらも昨年の中京記念と小倉大賞典が対象となります。

 

 

これを見ると中枠付近も来てない訳ではないが、好走馬は内か外という極端な配置の馬が多い。

特に1~3番ゲートはかなり好走率が高い。

 

今度は6番人気以下限定の枠順傾向です。

このレースは荒れる傾向があるので今回は穴馬を6番人気以下としました。

これ以後の穴馬消去法とデスデータに関しても6番人気以下を対象とします。

 

 

穴馬で見るとどこからでも入れそうな気もするが、やはり全体傾向と同じく内枠に好走馬が密集しているのは気になりますね。

 

上記のデータを考慮して

 

1~3番ゲート有利

 

と判断します。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト

又は

母父に

・ロベルト系

です。

種牡馬で見るとディープインパクト産駒の活躍が目立ちます。

そして母父ではロベルト系が優秀で複勝率が44,4%もあります。

今回の該当馬は

 

カデナ
スーパーフェザー
ファルコニア
ヴァリアメンテ

 

以上4頭です。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~5番人気の上位人気馬消去法6番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は5番人気以内馬で、赤・青・緑色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 6歳以下
② 3歳馬・牝馬以外は斤量55キロ以上
③ 前走OP以下で1着 又は 前走重賞で4着以内or4番人気以内

 

想定5番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ファルコニア

 

以上1頭です。

近年は牝馬の活躍が特に目立ちます。

条件からは外れてしまいましたがミスニューヨークは気になりますね。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は6番人気以下馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 6歳以下
② 3歳馬・牝馬以外は斤量55キロ以上
③ 前走芝G1出走馬 又は 芝OPクラス以上で2着以内 or 2番人気以内

 

想定6番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

カテドラル
ベレヌス

 

以上2頭です。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は過去10年の6番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は13,0%です。

 

・前走馬体重471キロ以下(0・0・0・27)複勝率0%
・前走G2・G3クラス出走馬(0・0・0・31)複勝率0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

カテドラル
スーパーフェザー
ベレヌス
ヴァリアメンテ

 

以上4頭です。

デスデータ項目が2つしかありませんでしたが、意外と残った馬は少なかったです。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

脚質傾向・穴馬消去法・デスデータ突破馬。

今回はメンバー的にも自分の形に持ち込めそう。

前走の相手を見ても中々の好メンバーで、得意の小回り小倉コースでなら前走以上のパフォーマンスを期待できるのではないだろうか。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。