中京記念2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回は中京記念2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは小倉競馬場で行われる芝1800mハンデ戦。

今年は中京開催ではなく小倉開催。

距離も1600mから1800mとなります。

昨年は大波乱でしたが、今年は不動の人気馬はいないものの下位人気馬もレベルが低そう。

ハンデ戦ではありますが、意外と堅く収まるかもしれません。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

今年は過去データが使えないので、2011年以降同コース1勝クラス以上開幕5~6日目で調べました。

以下がその脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ・差しに関してはほぼ互角で、特筆すべきは先行馬。

一応今回のメンバーで先行馬をみるとロータスランド・ダノンチェイサー辺りが有力。

またメンバー的にディアンドルの単騎逃げが濃厚そうで注意したいですね。

 


次は枠順傾向です。

こちらのデータも脚質傾向と同じく2011年以降同コース1勝クラス以上開幕5~6日目で調べました。

以下がその枠順傾向です。

 

 

これを見ると明らかに10番ゲート内の成績が良いのがわかります。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると複勝率では8番ゲート以内が良いですね。

 

やはり外枠はマイナスと言えるでしょう。

 

上記のデータを考慮して

 

1~8番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去データが使えないので同コース重賞の小倉大賞典を参考にします。

以下が2016年以降の傾向です。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト

又は

母方に

・ロベルト内包馬

です。

ディープインパクトの好走が目立ちます。

また上記の表では全て網羅できてませんが、母方にロベルト持ちの馬が好走しています。

 

今回の該当馬は

 

アバルラータ
アンドラステ
ダノンチェイサー
ロータスランド

 

以上4頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指していますが、過去傾向を見ると人気馬と穴馬の境目は5番人気以内と6番人気以下で分けることができます。

 

中京競馬場改修工事後の過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 3歳馬以外は斤量55キロ以上
 前走OP以下で1着 又は 前走重賞で4着以内or4番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以内の馬が圏内に来た年は過去9年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で5番人気以内の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定5番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ディアンドル
ボッケリーニ

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は6番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 3歳馬以外は斤量54キロ以上
③ 前走芝OPクラス以上

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

6番人気以下の馬が圏内に来た年は過去9年で7回。

そしてその7回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定6番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ダノンチェイサー
メイケイダイハード

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

脚質的に小倉に合う馬とも思えないのだが、何故か小倉コースは4戦3圏内で他にも小回りコースでの良績が多い。

2歳時には重賞好走歴もあり、前走は敗れはしたが宝塚記念2着馬ユニコーンライオンとコンマ3秒差で1馬人気になった馬。

格下の身分だが、下位人気馬との能力比較で言えば劣ることはないはず。

(B) クラヴェル

前走はハンデに恵まれたと言え、アンドラステに先着し前残り決着の競馬で遥か後方から追い込んで好走したのは見所がある。

今回は小倉でどうかだが、前走同様横山典騎手が継続騎乗ならもう1発あるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です