新着エントリー

ヴィクトリアマイル2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦。

今回の登録馬は抜けた馬はいないもののソダシ・デアリングタクト・ファインルージュ・ソングライン・レイパパレ・レシステンシアと中々の好メンバーが揃いました。

またそれ以外の下位人気馬も1発あってもおかしくない馬もいますし、レース的にも配当的にも楽しめそうな一戦になりそうです。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

阪神牝馬ステークスの距離が1400から1600m戦に変更した2016年以降から、このレースの好走馬が明らかに阪神牝馬ステークス組に偏るようになりました。

それに伴い各傾向も変わりつつあるので、これ以降の全ての各データを2016年以降のものとします。

以下が2016年以降の過去6年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると2016年以降差し馬が全6勝中5勝挙げています。

また複勝率で見ても数字は抜けています。

そこで今回は差し馬に注目してみたいと思います。

差し馬で圏内に入った馬は13頭いますがその内11頭が…

 

① 前走重賞で上り1位
② 前走重賞で上り3位以内 且つ 前々走も上り3位以内
③ 近4走中、国内G1で上り3位以内の経験あり
④ 近4走中、2回以上重賞で上り1位の経験あり

 

①~④のいずれかの条件に当て嵌まります。

上記の条件に該当した馬は

 

アカイイト
テルツェット
デアリングタクト
デゼル
ファインルージュ

 

以上5頭です。

 

ここで終わりにしようと思ったのですが、今年の登録馬を見てみると明らかに前に行きそうな馬は除外対象馬を除くとソダシ・レイパパレ・レシステンシア・ローザノワールの4頭くらいしかいない。

意外と先行勢が少ないですね。

差し有利な傾向はあるが前の馬にも注意が必要かも?

 

そしてこの中で何が何でも逃げたい馬はローザノワールか?

それ以外の3頭は控えても競馬が出来るタイプ。

そう考えると前残りも十分考えられるメンバー構成。

そこで先行で圏内に入った3頭を調べてみました。

圏内に入った3頭に共通する点は…

 

① 前走距離1600m以上
② 前走4角2~5番手以内
③ 前走2番人気以内or2着以内

 

上記で挙げたソダシ・レイパパレ・レシステンシア・ローザノワールの中でこの条件に該当する馬は…

 

レイパパレ

 

以上1頭です。

 


枠順傾向データ 」

以下が2016年以降の過去6年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると14番ゲート以降からは勝馬はなし。

ただ複勝率ではフルゲートの大外枠でも不利ということはない。

まあ敢えて強調するとすれば好走率は10番ゲート以内が比較的安定していますね。

 

次に穴馬限定の枠順傾向を見ていきますが、このレースは5番人気以内馬までは比較的絡みやすいレースで、人気馬と穴馬を区別するなら5番人気以内と6番人気以下。

よって今回は穴馬を6番人気以下とします。

以下が6番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると11番ゲート以降から圏内に入った馬は僅か1頭。

先週のNHKマイルカップはかなり多くの馬が内ラチ沿いを避けていて結果は外差し決着でしたが、今週からBコース替わりなので先週のようなことは無いかもしれない。

 

上記のデータを考慮して

 

1~10番ゲート有利

 

と判断します。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト

又は

・ヴァイスリージェント内包馬

です。

昨年はディープインパクト産駒が3着以内を独占でした。

また東京マイルということもあり、ヴァイスリージェント内包馬も活躍しています。

ノームコアやクロコスミアはヴァイスリージェント内包馬でした。

今年で言えばクロフネ産駒のソダシはヴァイスリージェント内包馬の筆頭格ですね。

今回の該当馬は

 

エイシンチラー
ソダシ
テルツェット
デゼル
ファインルージュ
マジックキャッスル
メイショウミモザ
レイパパレ
ローザノワール

 

以上9頭です。

 


消去法データ 」

消去法は2016年以降の過去6年分のもので1~5番人気の上位人気馬消去法6番人気以下の穴馬消去法に分けています。

一応過去10年分を載せていますが、見るべき場所は2016年以降です。

2015~2012年は参考で載せておきました。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は5番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 5歳以下
② 前走距離1600~2000m
③ 前走4番人気以内
④ 前走間隔中9週以内

 

想定5番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

レイパパレ

 

以上1頭です。

今回は異例ローテの馬が多い。

長期休養明けのデアリングタクト、前走フェブラリーステークスからのソダシ、前走海外遠征のソングライン、ファインルージュはまだマシなステップだが過去10年で見ても前例がない東京新聞杯組。

唯一まともなローテで挑んで来た馬は上位人気馬の中ではレイパパレだけとなります。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は6番人気以下馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1600~1800m
② 前走重賞出走馬
③ 前走5着以内or3番人気以内
④ 前走上り3位以内or4角2~4番手以内 

 

想定6番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アンドヴァラナウト
クリノプレミアム
テルツェット
デゼル
マジックキャッスル
メイショウミモザ

 

以上6頭です。

一応この6頭ではあるが、2016年以降の穴馬8頭中6頭が阪神牝馬ステークス組。

この6頭の中で前走阪神牝馬ステークス組はアンドヴァラナウト・デゼル・マジックキャッスル・メイショウミモザの4頭となります。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は2016年以降の過去6年の6番人気以下限定のもので、このレースの6番人気以下馬の複勝率は10,7%です。

 

・関東馬(0・0・0・21)複勝率0%
・前走間隔中10週以上(0・0・0・5)複勝率0%
・前走6着以下(1・0・0・36)複勝率2,7%
・前走敗戦馬の着差0,5秒以上(1・0・0・28)複勝率3,4%
・前走馬体重475キロ以上(0・0・0・22)複勝率0%
・前走3勝クラス以下(0・0・0・8)複勝率0%
・前走距離1400m以下(0・0・0・13)複勝率0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

アンドヴァラナウト
ミスニューヨーク
メイショウミモザ

 

以上3頭です。

デスデータの中の2項目で1着馬が2頭いますが、これは同一馬でストレイトガール。

リピーターが多いレースで前年の覇者でもありました。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

候補馬が何頭かいるので週末には変更するかもしれないが、現時点ではこの馬を挙げたい。

血統的には昨年圏内独占したディープインパクト産駒で穴馬消去法や脚質傾向でも推奨した馬。

前走はトップハンデながらも4角最後方から1着馬とはコンマ2秒差まで詰め寄った。

毎回遥か後方からの競馬が続いているが、今回の鞍上は積極的な騎手でこの馬の新たな一面を見せてくれるのではないかと密かに期待している。

 

(B) アンドヴァラナウト

下位人気馬から穴馬を1頭選べと言われたらまずこの馬。

デビュー以来圏外だったのは愛知杯だけで安定性抜群。

このレースと好相性の阪神牝馬ステークス組で鞍上も継続騎乗で福永騎手。

あくまで想定オッズだがファインルージュと比べて、これほどオッズ差が開く能力差があるとは思えない。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。