レパードステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はレパードステークス2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では4~11番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠4番デュードヴァンですが、最内ではないのは良かった。

ただ個人的には中枠くらいの方良かったかもしれない。

可もなく不可もなくでしょうか。

 

次に4枠6番ラインベックですが、前走は初ダートで逃げて快勝したが、今回は内に逃げそうなタイガーインディがいます。

ただ逃げなくても前に付けれる脚はありそうなので、この配置は好枠と言えるでしょう。

 

次に4枠7番ミヤジコクオウですが、この馬も先行馬。

ラインベックと同じく良い枠ではないでしょうか。

 

最後に6枠10番ライトウォーリアですが、脚質から考えると欲を言えばもう少し内寄りが欲しかったのでは?

まあ及第点でしょう。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

3枠4番デュードヴァン  穴馬(C)(D) (各400円)

4枠6番ラインベック 穴馬(C)(D) (各300円)

4枠7番ミヤジコクオウ 穴馬(C)(D) (各300円)

(計 2000円)

 

穴馬の馬単2着付け勝負です。

上位人気馬から消したのは6枠10番ライトウォーリアです。

上位人気馬の中で最も実績不足な上に枠順も微妙。

週中予想では穴馬候補に挙げてた馬ですが、この人気では人気馬としても穴馬としても妙味無しです。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

脚質傾向の記事で書いた前走4角7番手以内というデータを根拠にこの馬を挙げます。

さらに当ブログで判断した好枠の4~11番ゲートに入った穴馬はこの馬だけ。

(D)

この馬は傾向的には沿ってないが前走の圧巻の末脚、そしてダート戦で必要なメンバー中ナンバーワンの圧倒的な馬格に惹かれます。

程良い中枠に入ったのも好材料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です